青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

バングーナガンデ佳史扶が帰京! 日本代表キャップ1を記録した心境を語る【Pick Up/無料公開】

 

 
 3月28日、「キリンチャレンジカップ2023」日本代表対コロンビア代表に出場し、初の代表キャップを記録したバングーナガンデ佳史扶が激動の2週間を終えての心境を語った。
 

 
 A代表でのデビュー戦となったコロンビア戦を、佳史扶は「めちゃめちゃ緊張しました」と、振り返った。
「アップもガチガチに緊張していてボール回しも全部獲られてまずい感じだったのですが、そこで気持ちが吹っ切れました。東京の時から、アップがあまりよくないと、試合の入りでいい感じに力が抜けることが自分の感覚でありました。(だから)アップの時からミスをしても、いい感じで試合に入れると言い聞かせていました」
 

 
 入場して国歌を歌っていると、日本代表としてピッチに立っているんだという実感が湧き「緊張よりはテンションが上がりました」という。4-2-3-1の左サイドバックで先発し、後半14分に退くまで約60分間プレー。左サイドが本職の左利きの選手としてチームに安定性をもたらしたように映ったが、佳史扶自身は自らの出来に満足してはいなかった。
 
「自分の正直な感覚で言うと、あまりよさは出せませんでした。ディフェンスの部分で1失点目、自分のところでやられてしまいました。そこまで評価はあまりよくないというのが正直なところです。そのなかでも、三笘薫選手(ブライトン)とのサイドでの連携は、試合の2日前からずっと話し込んでいたので、いくつかうまくいったシーンがありました。結果につなげることができなかったことは課題です」
 

 
 結局プレー機会のなかった国立競技場のウルグアイ代表戦も、後半のアップ中に「呼ばれるかな、呼ばれたらどうしよう」と緊張していたという佳史扶。練習の段階から「サイドバックはチャンスがあるな」と思っていたが、その後「次のコロンビア戦は出場するかもしれない」と気持ちを切り替え、準備を進めていたという。その成果が出た格好ではあるが、長友佑都との競争に打ち克ちFC東京でのレギュラーポジションを掴み、日本代表に選ばれた身からすれば、こんなものではないという想いが強くあらわれたのかもしれない。
 

 
 とはいえ、世間が認めたポイントについては本人も自覚していた。
 
「(代表は)東京と似たようなサッカーでした。サイドバックが中に入ったり、ウイングとサイドバックの関係性で崩すようなサッカーをしていました。そこは、感覚的に慣れていたので、他の選手よりもスムーズに試合に入れたと思います。(セットプレーのキッカーもしていたが?)前日、前々日の練習でキッカーになるかもしれないとわかっていました。東京ではあまりいいボールをここ数試合蹴れていませんでした。肩の力を抜いて一本しか蹴っていないのですが、本当に狙い通りの場所に蹴れたので自信になりました。東京でも出せるようにしていきたいです」
 

 
 長友佑都の背番号5を継承したことについては「まだ同じレベルにも行くことができていないと思っているので、これから5番になるかわからないですが、変わらず全力を出し、東京のサイドバックはこういう感じだと見せつけていければと思います」と、頼もしい一言。コロンビア戦で傷めた箇所の診断結果が気になるところではあるが、飛躍のための大きな一歩を踏み出し、足跡を刻んだことだけは間違いない。
 

 
———–
 https://www.amazon.co.jp/dp/B00NNCXSRY後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
———–


「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

 

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、長年FC東京の取材を継続しているフリーライター後藤勝が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。コロナ禍にあっても他媒体とはひと味ちがう質と量を追い求め、情報をお届けします。

 

 

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

主なコンテンツ

●MATCH 試合後の取材も加味した観戦記など
●KODAIRA 練習レポートや日々の動静など
●新東京書簡 かつての専門紙での連載記事をルーツに持つ、ライター海江田哲朗と後藤勝のリレーコラムです。独特の何かが生まれてきます

そのほかコラム、ニュース、などなど……
新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

■過去1週間の記事一覧

○6/14
○6/11
○6/10
○6/9
○6/8
○6/7

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

3STEPで簡単登録!

  1. お客様情報のご登録

    まずは簡単無料登録!
    必要な情報はメールアドレスだけ!

  2. コンテンツ、決済方法の選択

    豊富なお支払い方法! クレジットカード、キャリア決済も対応!

  3. コンテンツの購読完了!

    お手続き完了後、コンテンツ内の有料記事がすぐに全て読める!

無料会員登録

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ