青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

佐藤龍之介、後半ラスト30分間に生じた渦のような攻撃の中心に。「自分は周りを輝かせられる」【2024 ルヴァンカップ2回戦vs.Y.S.C.C.横浜(AWAY)】

 

Photo by HIROTO TANIYAMA(撮影:谷山央人)

 4月17日にニッパツ三ツ沢球技場でおこなわれたルヴァンカップ2回戦では、後半15分から先制ゴールの小柏剛に替わり佐藤龍之介がピッチに入った。同時に小泉慶から白井康介に交代。右サイドバックでスタートしていた安斎颯馬が右サイドハーフに上がり、替わりに白井が右サイドバックに入る。寺山翼は中盤前目の中央からボランチに位置を変え、佐藤が中盤の前に。キャンプ中の練習試合サンフレッチェ広島戦でも務めていたポジションだった。

◆みんな楽しくプレー出来ていた

 この交代直後、さっそく“龍之介”が見せた。中盤の競り合いから出てきたボールをジャジャ シルバが収めると左前のスペースへのスルーパス。ここにタイミングよく走り込んだ佐藤が右ポケットの安斎颯馬に出したパスは相手のディフェンスに引っかかったが、そのこぼれを遠藤渓太が拾ってゴール。アシストはつかないものの、3点目につながる連動したプレーだった。

Photo by HIROTO TANIYAMA(撮影:谷山央人)

(残り 2204文字/全文: 2799文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ