青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

長友佑都「たくさんの人に Jリーグの、FC東京のファンになってもらえるようなプレーをしたい」5万人超えなるか、国立決戦への覚悟【国立競技場開催J1第30節京都サンガF.C.戦に向けて/無料公開】

 

撮影:後藤勝


 明日9月18日に国立競技場で開催されるJ1第30節京都サンガF.C.戦で、FC東京がクラブレコードの48,521人を超える観客動員を狙っている。一説には5万人超えの可能性もあると言われる大舞台。この決戦に臨む長友佑都が、国立競技場で首都クラブが試合をすることの意義と、そこへと向かうに当たっての覚悟をこう語った。
「日本を代表するスタジアムである国立競技場で首都クラブであるFC東京が試合を開催出来るのは喜ばしいこと。すばらしいサッカーをしてたくさんの人にJリーグの、FC東京のファンになってもらえるようなプレーをしたい」
 そのためには大増量1,500発の花火も重要だが、なにより東京が強度の高いハードワークでプロの凄みを伝えることが重要だろう。ヴィッセル神戸戦で前からプレッシャーをかけられなかった事態を繰り返してはいけない。長友もその点はよく理解していた。
「ポゼッションをすることは大事ですが、そのために前からプレッシャーに行って攻撃的な守備でボールを奪えないと優位なポゼッションは出来ないと感じています。神戸戦はずるずると下がってボールを奪っても一人ひとりが疲弊し、相手ゴールまでの距離が長いなどの問題がありました」
 
◆バランスを保たなければいけない
 

Photo by Ayano MIURA(撮影:三浦彩乃)


 神戸戦で背後を気にするあまり前からプレッシャーをかけられなかった問題についての修正はおこなったか──と訊ねると、アルベル監督は頷いた。
「まさしく、ここ数日選手たちにまず伝えたのは我々の長所を取り戻そうというメッセージでした。我々が少し失っている部分をあらためて取り戻し、もとのチームに戻りたい。それが明日、すばらしい場での京都戦であることを祈っています」
 長所とは強度の高さだろう。対戦相手の京都も強度が高いプレーを志向しているが、強度で上回ることがポイントなのだろうか?
「もちろん、我々の長所のひとつはインテンシティです。彼らと同じ強度で臨まなければいけません。そして高い強度を保ちつつ、我々のスタイル、我々のクオリティの高いプレーを表現したいです」
 アルベル監督が言っているのは、ボールを保持することは出来ているので、強度を取り戻せばバランスのいい強いチームになれるということだった。
「バランスは重要です。ただまだバランスを保てていないがゆえに今シーズンは不安定な試合があります。ボールを保持することに傾きすぎてゴールに向かわないことが増えたり、その反対にゴールへと急ぐあまりボールを保持出来ないというバランスの悪さがあります。だからこそ我々は時間をかけていいバランスを常に保てるように成長しなければいけません。守備のアグレッシヴさ、ゴールへと向かう意識、そしてボールを保持するというバランスです」
 味の素スタジアムで試合が出来ること、そして調布をはじめとする東京西部の人々への感謝を示しつつ、東京は大都市であるというイメージを持つ自分のような海外からの来訪者のことを考えれば──という注釈を付けて国立開催の意義を「東京という名前を背負うチームとしてはやはり東京の中心で試合が出来たほうがよい。プロスポーツとはエンタテインメント。東京という名を背負っているからには中心地がより試合にふさわしい場であると思う」と述べた。ガンバ大阪戦に次ぐアピールのチャンス。花火を上回るプレーで、観る者を納得させる使命がアルベル東京にはある。
———–
 https://www.amazon.co.jp/dp/B00NNCXSRY後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
———–


「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

 

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、長年FC東京の取材を継続しているフリーライター後藤勝が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。コロナ禍にあっても他媒体とはひと味ちがう質と量を追い求め、情報をお届けします。

 

 

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

主なコンテンツ

●MATCH 試合後の取材も加味した観戦記など
●KODAIRA 練習レポートや日々の動静など
●新東京書簡 かつての専門紙での連載記事をルーツに持つ、ライター海江田哲朗と後藤勝のリレーコラムです。独特の何かが生まれてきます

そのほかコラム、ニュース、などなど……
新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

■過去1週間の記事一覧

○12/1
○11/30
○11/27

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ