青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

FC東京25周年記念ビール「25th Anniversary Beer “Authentic”」販売決定! クラブとともに歴史を歩んだアマラオアンバサダーが醸造開始に立ち会う【無料公開/Club Report】

 

ビールの仕込みに参加したアマラオアンバサダー。撮影:後藤勝


醸造所内には熱気がこもっていた。撮影:後藤勝


 FC東京は9月1日、FC東京25周年記念ビール「25th Anniversary Beer “Authentic”」を9月23日開催のJ1第28節サガン鳥栖戦から10月28日のJ1第31節サンフレッチェ広島戦までのホームゲーム3試合で販売することを発表した。「25th Anniversary Beer “Authentic”」は前述のホームゲーム開催時、味の素スタジアムの青赤パークsupported by TOKYO GASでのみ飲むことが出来る。
 
 製造は「T.Y.HARBOR Brewery」。東京都品川区の同店内にある醸造所で8月31日から醸造を始め、アマラオアンバサダーがその工程を見学、自らビールの仕込みに参加した。ここでは「25th Anniversary Beer “Authentic”」にまつわる諸々をレポートしていく。
 

楽しんでいる様子のアマラオアンバサダー。撮影:後藤勝


◆応援することを考え、飲みやすいものを
 

仕込んだ原料の数々。撮影:後藤勝


ホップを砕いたもの。撮影:後藤勝


「25th Anniversary Beer “Authentic”」の原料中90パーセントを占めるベースモルトにはマリスオッターを採用。このほかメラノイジンモルト、オーツと呼ばれる麦芽を原料に使用し、ホップを加えていく。
 
「T.Y.HARBOR Brewery」のブルーマスター、阿部和永さんが製造工程を説明してくれた。
 
「今回、25周年のビールをつくらせていただくにあたって、ウチでは26年前からずっとつくり続けているペールエールという看板商品があるんですけど、それと使用している原料はほぼいっしょなんですよ。けれども、醸造の技術的に最新の考え方を取り入れている。25年継続してきたものが──クラブもそうですよね、どんどんアップデートされていって、いまの形になっている、というストーリーを打ち立ててやらせていただきました。
 エール酵母という比較的高い温度で発酵させるイーストを使うんですけど、みなさんがふだん飲まれている、ラガーっぽい特徴のある酵母なんですよ。 ですので、より繊細な味が楽しめて、さらに飲みやすい。ゴクゴクとスタジアムで飲めて、25周年をみんなでお祝いしながら、もうみんなで乾杯出来る、と。F.C.TOKYO BEERが現代的なジューシーヘイジーIPAであるのに対し、今回の『25th Anniversary Beer “Authentic”』は25年積み重ねてきたものの集大成としてつくりました」
 

品川の港湾地区にに位置する店舗。撮影:後藤勝


悠然と時間を楽しむ。撮影:後藤勝


 FC東京ファンが大のビール好きであることと、スタジアムで飲むということを熟慮して考案されたのが『25th Anniversary Beer “Authentic”』だ。Jリーグでクラフトビールと言えば、湘南ベルマーレのホームゲームに出店しているサンクトガーレンがよく知られている。その際にFC東京サポーターを煽るように「何リットル飲んだ」と報告する様子によって、阿部さんは東京ファンがたくさんのビールを飲むことを認識していた。
 
「最初にオリジナルビールのお話をいただいた時も、アウエーで試合へ行く度にいろいろなクラフトビールを飲んでいるなと思ったら、下手なものをつくれないなと思いました。あの当時から現在までメインストリームになってきているのがヘイジーIPAですが、それに振りすぎると、ちょっと甘いし初心者の人には飲みにくいだろうな、と。その辺をうまくバランスをとって、ジューシーでヘイジーでありながらも飲みやすいものをめざしました。(サッカーファンは)基本的にはサッカーのサポートをするのがメインなので、アルコール度数も最初は6パーセント、7パーセントを考えていたんですけど、やっぱり飲んだあと試合で大声を出すわけですから、控えめのアルコールパーセントで行こうと。濃厚なやつだと、ちょっと飲み疲れちゃう」
 
 地域密着を志向する「T.Y.HARBOR Brewery」だけに、阿部さんは同じ東京をホームとするクラブであるFC東京からのコラボレーションを光栄に思ったという。東京も東京で、本物のビールを届けることで勝敗に関係なく「あれは美味しかった」と、気持ちの上でお土産を持ち帰れるように、ピッチ外でのベストを尽くすという考えから「T.Y.HARBOR Brewery」にコラボレーションを持ちかけている。相思相愛の関係が生んだ「25th Anniversary Beer “Authentic”」がどういう味になるのかが楽しみだ。
 

主力商品のペールエール。撮影:後藤勝


醸造初日に採取された「25th Anniversary Beer “Authentic”」の麦汁。撮影:後藤勝


◆5年後の30周年もみんなで祝いたい
 
 FC東京を代表して醸造の工程を見学したアマラオアンバサダーは「まず、ここにいられたことがすごく嬉しい」と感想を述べた。
 
「なぜならこういった場をいままで一度も見たことがなかったし、とても興味深い。我々のように飲むだけという立場の人間が知るのは、おもしろいことだと思います。多くの人が関わって、こういった醸造所の方々が一生懸命つくったものが、我々の手元に届いているんだよということを知るのは、我々にとってもビールをより美味しく感じるために大事なことですよね。それを知れたということが、もうすごく嬉しいです」
 

店舗の軒先にて。撮影:後藤勝


ひたすらサマになっているアマラオアンバサダー。 撮影:後藤勝


 前身の東京ガスで日本でのキャリアをスタートしたアマラオアンバサダーはFC東京の立ち上げからクラブに関わり、ここまで東京と四半世紀にわたる時間の経過を共にしてきた。その25年間を表現するビールが出てきたことに、ある種の感慨を隠せないようだった。
 
「ぼくが来日した時(1992年)の年齢が25歳。その年で加入したFC東京がJクラブとなったのが1998年からでちょうど25年間、『T.Y.HARBOR Brewery』さんも1997年からというのは、本当に偶然なんですけど。ぼくの歴史もそうだし、多くの選手、スタッフ、そしてサポーターたちと紡いできた、みんなでつくってきた歴史に感謝しかないです。大変幸せなことだと思います。この瞬間をみんなと祝えることも嬉しいけど、また、5年後の30周年もこうしてお祝い出来ることを願っています。これからもみんなで一緒に祝いましょう」
 
 25周年のタイミングで飲む祝いのビールは格別だろう。アマラオアンバサダーも、その瞬間を心待ちにしているようだった。
 
◆FC東京オリジナルナッツ『American BBQ』
 

パッケージはこの通り。撮影:後藤勝


複雑な味わい。撮影:後藤勝


 青赤パークsupported by TOKYO GASに出店中の『T.Y.HARBOR Brewery』では、ビールのお供にFC東京オリジナルナッツ『American BBQ』も販売中だ。単体でも食感を含めておやつ的な味わいがあるが、ビールと共に食すことで異なるおいしさを味わえる。味は単調ではなく複雑で、甘味と塩味とピリ辛の加減がいい。すべて店内での手づくりで、コーティングも手作業。大量生産とは真逆の志向でつくられている。PR担当の宮本唯さんによれば、冬場から試食が始まり8月12日の京都サンガF.C.戦でようやく陽の目を見たとのことで、開発期間が長かった分、こだわりが強いようだ。
 
「ビールに合うことを前提にフレーバーを選択し、行き着いたのがアメリカンバーベキュー。アメリカンバーベキュー味は人気の高い味ですし、ちょっとピリ辛でスパイシーで、ビールに合う。みなさんに楽しんでいただける味だと思います」(宮本さん)
 
「25th Anniversary Beer “Authentic”」を購入するなら、よいお供を務められそうな逸品だ。
 
———–
 https://www.amazon.co.jp/dp/B00NNCXSRY後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
———–


「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

 

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、長年FC東京の取材を継続しているフリーライター後藤勝が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。コロナ禍にあっても他媒体とはひと味ちがう質と量を追い求め、情報をお届けします。

 

 

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

主なコンテンツ

●MATCH 試合後の取材も加味した観戦記など
●KODAIRA 練習レポートや日々の動静など
●新東京書簡 かつての専門紙での連載記事をルーツに持つ、ライター海江田哲朗と後藤勝のリレーコラムです。独特の何かが生まれてきます

そのほかコラム、ニュース、などなど……
新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

■過去1週間の記事一覧

○2/21
○2/20
○2/19
○2/16
○2/14

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

3STEPで簡単登録!

  1. お客様情報のご登録

    まずは簡単無料登録!
    必要な情報はメールアドレスだけ!

  2. コンテンツ、決済方法の選択

    豊富なお支払い方法! クレジットカード、キャリア決済も対応!

  3. コンテンツの購読完了!

    お手続き完了後、コンテンツ内の有料記事がすぐに全て読める!

無料会員登録

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ