青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

林彰洋が小金井市立第二中学校で講演【無料公開/ホームタウン】

 

撮影:後藤勝


 10月21日午後、FC東京の林彰洋が小金井市立第二中学校を実際に訪問。同校の中学二年生約120名に向けて45分間の講演をおこなった。
 
 林は幼稚園でサッカーを始めてから小学3年生になるまでの4年間でリフティングが3回しか出来なかった自分が、いかにして4年生で1,000回、5年生で5,000回出来るようになったかなど、節目、節目で自身が経験してきたことを引き合いに出し、考え方次第、思考法ひとつで人生を変えられると熱弁。「プロになるかならないかは紙一重。自分だけがやっているから恥ずかしいというものではなく、決して他人と同じことをするのが正解というわけではない」などと訴えた。
 
「自分の想像力と行動力でいくらでもいまから変われる」と言い、講演を締めた林。進路に悩む14歳に響くものがあったようだ。
 

撮影:後藤勝


◆林彰洋との一問一答
 
──実現までの経緯は?
 
 コロナ禍以降にオンラインの小学校訪問などは何度かやらせていただいたのですけれども、年に一度あるかないかの選手との交流は学生からすれば貴重な経験。ぼくら選手も一般生活に於いて人との接触がないわけではなく、感染防止対策もしているのだし、現場に行くことを少しずつ実現させていこうという話をしていました。コロナに感染して試合に出られないことへのおそれはあっても「やりようはいくらでもあるのでは」という話をしていて、時間はかかりましたけど、こうして実現出来てよかったと思います。
 
 直接話すからこそ伝えられることもあると思うんです。オンラインでは機材や回線の不具合で伝わらないこともありますし、ボケてもオンラインだと空気感が伝わらなかったりする。その都度、話し方を変えないといけないと考えると、現場のほうが伝えられると思いました。
 

撮影:後藤勝


──あらためて、現役のまま自身が持っているものを発信する意義とは?
 
 現役だからこそ注目されるところもあると思いますし「プロサッカー選手になっていた人」の声ではなく「いま現在」の生の声を聴かせることが出来る、リアルタイムの状況を伝えられるというのは「いま」しか出来ないこと。そこは大事にしたい、と。
 

撮影:後藤勝


──サッカーを通じて経験してきたことをどのような人にも応用出来るようにメっセージを抽出して伝えることが今日の重要なテーマだったと思うが、手応えは?
 
 もっとうまい言語化が出来ればさらによく伝わったんじゃないかと思うところもあります。もっと伝わるように言葉を考えてきたつもりだったんですけど、いざ、話をしてみると難しいというのが実際のところで。
 仰るように、サッカーで培った努力の仕方や競っている相手を乗り越えるための方法は、すべての分野で使えるような内容だと思っています。思考の持ち方によっていろいろな障害を乗り越えていけるのではないか、それを知ってもらえれば糧になるというのがぼくが話したかった第一歩なので、少しでも伝わったらいいと思いますが、まだまだ話し方については改善したいと思います。
 

撮影:後藤勝


──現在のコンディションは?
 
 復帰した直後は以前のポテンシャルに戻すまでにどのくらいの時間がかかるのだろうという想いでやっていましたが、ほぼほぼ問題なくすべてのプレーが出来るようになってきました。ジャンプなどもう少し強化しないといけないと思うところはあるんですけどそれ以外は十分、試合で使ってもらって大丈夫だと思っています。起用するかしないかは監督が決めることなので、自分は準備しておくだけかなと思っています。
 
———–
 https://www.amazon.co.jp/dp/B00NNCXSRY後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
———–


「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

 

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、長年FC東京の取材を継続しているフリーライター後藤勝が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。コロナ禍にあっても他媒体とはひと味ちがう質と量を追い求め、情報をお届けします。

 

 

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

主なコンテンツ

●MATCH 試合後の取材も加味した観戦記など
●KODAIRA 練習レポートや日々の動静など
●新東京書簡 かつての専門紙での連載記事をルーツに持つ、ライター海江田哲朗と後藤勝のリレーコラムです。独特の何かが生まれてきます

そのほかコラム、ニュース、などなど……
新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

■過去1週間の記事一覧

○7/14
○7/13
○7/12
○7/11
○7/10
○7/8

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

3STEPで簡単登録!

  1. お客様情報のご登録

    まずは簡単無料登録!
    必要な情報はメールアドレスだけ!

  2. コンテンツ、決済方法の選択

    豊富なお支払い方法! クレジットカード、キャリア決済も対応!

  3. コンテンツの購読完了!

    お手続き完了後、コンテンツ内の有料記事がすぐに全て読める!

無料会員登録

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ