「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「このチームで優勝したいという気持ちがあった。ピッチに立っている以上は言い訳をしたくない。取り組んできたことに自信を持っている。自分ではそんなに驚いていない」(西村拓真)他 [名古屋戦後コメント]

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

「自分はいつもバランスを見ている。もちろん結果も大事だが、それ以上にチームのパフォーマンスが本当に素晴らしかった。今日はキックオフから最後の笛が鳴るまで、それから交代で出場した選手もしっかりエナジーをもたらしてくれた。アウェイの地でメンタルを強く持てるか、そして名古屋という強いチームに対して、今朝起きた時からどんな意図を持って目覚めたのかを選手に話してきた。それをピッチ上で表現してくれて、結果もしっかりついてきてくれた」

 

 

――今日の結果で次節にも優勝が決まる状況になった。この状況でもマリノスらしさを貫けている理由、プレッシャーを感じることなくプレーできていたように見える理由は?

「1点目は自分たちが常に要求しているマリノスのサッカーを見せて奪ったゴールだった。この2週間、自分たちは何に集中してこの名古屋戦に向けて準備したかというと、しっかりゲームをコントロールする質を上げていこうという部分だった。オフもあまり与えず、選手もスタッフも日々、意図を持って練習に取り組んできた。特に今日の試合に関しては高いレベルでやってくれた。しっかり自分たちがボールを握ってやっていくことで、相手を逆に走らせる。相手の守備が疲れてくれば、自分たちにはスピードがあるのでどんどん突いていけばいいと思っていた」

 

――今日の試合で2得点した水沼はチーム全体に良い影響を与えている選手だと思う。プレーだけでなく彼のメンタリティがチームに与えているものは?

「水沼に関しては、今日の試合だけを見れば強いメンタルを持ってチームのために、そしてチームメイトのために素晴らしい仕事をしてくれたと思う。90分間通して、交代選手も含めて、ピッチに立っている11人が同じメンタリティを持てたことが今日のパフォーマンスにつながっていると思うし、チームのための判断。自分がシュートを打てるところだけど、ほかにゴールの確率が高い選手がいればパスを出す。それはチームのための判断で、やってくれた。水沼の働きは驚くものではなく、いつもやってくれていること。彼+ほかの10人の兄弟が同じメンタリティを持って戦ってくれた」

 

 

 

――残り4試合で2位と勝ち点8に開いた。この状況をどのようにとらえ、残り試合を戦っていく?

「残り5~6試合になったことで選手に強調したのはメンタリティの部分だった。今日が終わって残り4試合になったが、とにかく次節のガンバ大阪戦。今日は強いパフォーマンスを見せてくれた。スタッフは明日、全員で今日の試合を振り返り、数日後にチームに展開する。今日の良かった部分をとにかく見せることを重要視している。悪かったところをいじくり回すのではなく、良かった部分を見せていく。それを体に染み込ませる。影響を与えられるのは次の試合しかない。次の次の試合でも最終節でもなく、ガンバ戦に向けて準備をしていくだけ」

 

 

FW 18 水沼 宏太

「準備期間があった中で、ここから5試合しっかり戦っていこうという気持ちで、アウェイだけどサポーターも多く来てくれた試合で勝ててうれしい。いつもとやることは変わらないけど、監督は常々メンタルが大事と言っている。それは一人ひとりがしっかり表現できたと思うし、自分自身もやってやるという気持ちになっていた。自分自身もサッカーを楽しめた。1点目はみんなで崩したゴールだった。カツ(永戸勝也)が粘ってくれて、ここに出してくれというところに出してくれて感謝している。自分もうまく動けたのでよかった(笑)あれは感覚だった。相手の目線にあまり入らないことは考えていたけど、うまくいった。

 

 

ヨコエク

(残り 2023文字/全文: 3579文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ