青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

【無料記事】苦悩するFC岐阜と野澤英之。守備に改善の兆しも無得点で横浜FCに敗れる(2017/07/15)

FC岐阜は7月15日、ニッパツ三ツ沢球技場でJ2第23節に臨み、前節終了時11位の横浜FCと対戦、1-0で敗れた。ここまで失点が多い岐阜は福岡戦で久々に出場したあと一試合空けての先発出場となった青木翼をセンターバックに置く守備陣がアンカーの庄司悦大と連携しながら慎重にカウンターに対処していたが、ゴールキーパーからの長いボール1本をジョン チュングンに決められ、その1発に沈んだ。大半の時間帯は確実にディフェンスを遂行していたものの、セットプレーなど止まった状態からの攻撃で失点する傾向が如実にあらわれてしまった。岐阜は後半24分、FC東京から期限付き移籍中の右サイドバック野澤英之に替えて風間宏矢を右ウイングに送り、右ウイングだった大本祐槻を右サイドバックに下げる、天皇杯vs.サンフレッチェ広島戦終盤と同じ布陣変更で得点を狙った。しかし後半31分、風間の放ったシュートがクロスバーを叩くと、以降はほとんど有効なチャンスがなく、横浜に逃げ切りを許した。

◇◇◇◇◇

今節より前の無得点試合は第3、5、18、21節のみ。J1のサンフレッチェ広島相手にも1ゴールを奪った岐阜が、自分たちが持つボールになかなか喰いついてこない横浜の前に沈黙した。もし相手がボールを奪おうとアプローチに来れば、それをいなし、相手の背後を衝いてゴールを決めることができるが、横浜はそうしようとはしない。
ボール支配力が高める狙いで右サイドバックに起用されている野澤が、そのボールを保持している時間帯に得点を挙げられないと、狭いスペースを衝く攻撃の駒として風間を右ウイングに配置するシフトへと変わり、野澤が退く。チームの苦悩が野澤の苦悩に被っている。

試合後の野澤は「相手が喰いついてこないということもありますけど、チャンス自体が少なかった。最後の精度を高めるなどしてもっと崩していかないといけない」と反省。
イバなどフォワード陣の居残りを警戒して守備陣のバランスがやや後方に偏った結果、タテへの推進力も減少したが、それでもゴールを奪わなければ勝つことができない。
いかに攻守のバランスをとり、ベストの状態を具現化するのか。チームを勝利に導くためにも、野澤にさらなる向上が求められている。

———–
■後藤勝渾身の一撃、フットボールを主題とした近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(装画:シャン・ジャン、挿画:高田桂)カンゼンより発売中!
◆書評
http://thurinus.exblog.jp/21938532/
「近未来の東京を舞台にしたサッカー小説・・・ですが、かなり意欲的なSF作品としても鑑賞に耐える作品です」
http://goo.gl/XlssTg
「クラブ経営から監督目線の戦術論、ピッチレベルで起こる試合の描写までフットボールの醍醐味を余すことなく盛り込んだ近未来フットボール・フィクション。サイドストーリとしての群青叶の恋の展開もお楽しみ」
———–

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」とは

 

「青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン」について

『青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン』は、長年FC東京の取材を継続しているフリーライター後藤勝が編集し、FC東京を中心としたサッカーの「いま」をお伝えするウェブマガジンです。コロナ禍にあっても他媒体とはひと味ちがう質と量を追い求め、情報をお届けします。

 

 

青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンは平均して週4回の更新をめざしています。公開されるコンテンツは次のとおりです。

主なコンテンツ

●MATCH 試合後の取材も加味した観戦記など
●KODAIRA 練習レポートや日々の動静など
●新東京書簡 かつての専門紙での連載記事をルーツに持つ、ライター海江田哲朗と後藤勝のリレーコラムです。独特の何かが生まれてきます

そのほかコラム、ニュース、などなど……
新聞等はその都度「点」でマスの読者に届けるためのネタを選択せざるをえませんが、自由度が高い青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジンでは、より少数の東京ファンに向け、他媒体では載らないような情報でもお伝えしていくことができます。すべての記事をならべると、その一年の移り変わりを体感できるはず。あなたもワッショイで激動のシーズンを体感しよう!

 

■過去1週間の記事一覧

○12/1
○11/30

 

◎後藤勝(ごとう・まさる)
東京都出身のライター兼編集者。FC東京を中心に日本サッカーの現在を追う。サカつくとリアルサッカーの雑誌だった『サッカルチョ』そして半田雄一さん編集長時代の『サッカー批評』でサッカーライターとしてのキャリアを始め、現在はさまざまな媒体に寄稿。著書に、2004年までのFC東京をファンと記者双方の視点で追った観戦記ルポ『トーキョーワッショイ!プレミアム』(双葉社)、佐川急便東京SCなどの東京社会人サッカー的なホームタウン分割を意識した近未来SFエンタテインメント小説『エンダーズ・デッドリードライヴ』(カンゼン)がある。2011年にメールマガジンとして『トーキョーワッショイ!MM』を開始したのち、2012年秋にタグマへ移行し『トーキョーワッショイ!プレミアム』に装いをあらためウェブマガジンとして再スタートを切った。

 

■J論でのインタビュー
「ライターと編集者。”二足の草鞋”を履くことになった動機とは?」後藤勝/前編【オレたちのライター道】

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ