青赤20倍!トーキョーたっぷり蹴球マガジン

【有料記事】大久保択生に訊く、ドリブラーのシュート練習で受けた4人の印象(2017/07/16)

4人の猛者と対峙しつづけた大久保択生。このあと温厚な笑顔で取材に応じた。

内田宅哉に「うっちー、ドリブルのときに口開いてるよ! 虫が入っちゃう」と言い、ほぐそうと? していた永井謙佑。ナイスゴールでこのとおり飛行機に。

左足に特長のあるフェリペ。登録名はリッピ ヴェローゾ。未知数だが足許の技術はありそう。

おとなしい印象のある内田宅哉。波の少ない性格は強みでもあるが、もう少し激しさを出してもいい?

「ボールが友だち」の典型のような久保建英。フェリペと何やら話し合っていた。

vs.鹿島アントラーズ戦後のオフが明けドイツ遠征を控えていた先週、小平では居残りで永井謙佑、リッピ ヴェローゾ、内田宅哉、久保建英がシュート練習に取り組んでいた。特長は異なっていても、いずれもドリブラーというところが特長。
さまざまなパターンで放たれるドリブルシュートを受けたゴールキーパーの大久保択生に、彼ら4人の印象と、チームの現況について訊ねた。

◯リッピ ヴェローゾ(ルイス フェリペ)

左利きなので、左足で持たせると技術は高いと感じます。まだ長い時間いっしょに練習や試合を重ねているわけではないので、はっきりとしたことは言えませんが、ゴール前での左足のキック、技術には見るべき能力があると思います。左が武器なのか左に頼りすぎなのかは今後を見ていかないと、まだわからないところです。

◯久保建英

とても技術がありますね。そして4人のなかではいちばん

(残り 1253文字/全文: 2194文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ