「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

マリノスファミリーとして濃密な時間を過ごしているエドゥアルド。 過去の優勝経験から、一戦必勝の先に最高の瞬間が待っていることを知っている

 

ここへきて背番号5の存在感がキラリと光る。

無類の強さを誇る空中戦でことごとく相手を撃墜し、できる限りクリアよりもパスで味方へボールをつなぐ。

 

 

「我々のサッカーと戦術はボール保持が大切になる。チームメイトの位置をあらかじめ見ていて、味方へつなぐことを心がけている」

 守備のキーマンであると同時に、攻撃の第一歩の役割を果たしているというわけだ。

 

 

充実一途のエドゥアルドがピッチに立つ意味は、彼がいない試合で逆説的に証明されている。

リーグ戦よりも少ない外国人枠の問題でメンバーから外れたACL神戸戦は、大迫勇也に手を焼いた。日本屈指のストライカーを封じられず、攻撃の起点を作られてしまった。

前節の札幌戦は累積警告で出場停止。チームの出来が悪かったわけではないが、最終ラインの再編を迫られたのは事実。拮抗して展開で重要度を増すセットプレーの迫力を欠いた感も否めない。

 

 

ヨコエク

(残り 574文字/全文: 992文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

tags: エドゥアルド

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ