「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「痛みが邪魔をしている部分はある。でもどの試合でもピッチに入ったら、力を出し切ることを考えて、チームのために戦う」(マルコス・ジュニオール)他 [鳥栖戦後コメント]

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

「この前のゲームと同じ内容だった。両チームともアグレッシブで素晴らしい内容のサッカーを見せることができたと思う。最後の最後まであきらめない姿勢を今日も出してくれたと思う。特にビルドアップのところの質をもっと高めないといけない。それと簡単にボールを失わないこと。ボールを扱っている時は落ち着いてプレーすることがより大事になる」

 

 

 

――今日はゲームコントロールが難しかったように見えた。その要因と、選手に求めていく部分は?

「落ち着いてできている時は相手を剥がして、ひとり多い状況を作れたと思う。自分たちのチームは若い選手が多く成長段階にある。1試合を通して学ぶことはできていると思う。コントロールする部分は大事で、できている部分も多い。今日も2失点したが、2点とも自分たちが防げる失点だったと思う」

 

――このあと7選手が日本代表に参加する。どのように受け止めている? それとメンバーに入っていなかった畠中の状態は?

「7人の選手が選ばれたことを誇りに思うし、クラブとしてもいいことだと思う。しっかり成果を残してきてほしいし、7人の中には初選出の選手もいる。選手のキャリアにも刻まれることだし、頑張ってきてほしい。畠中は特に何かがあったわけではなく、コンディションの部分でも代表でしっかりできるようにバランスを取った」

 

 

 

FW 18 水沼 宏太

「僕たちは一番上を目指して今シーズンやっているので、この結果には満足できない。もっとやるべきことがあると思うし、この前と今日の試合を踏まえて次に進むことが大事。サイドを起点に相手を動かせばチャンスは作れると思っていた。僕自身は途中からで悔しい思いもあったし、みんなを奮い立たせてやろうと思ってピッチに入った。(得点について)いつもだったら逆の立場かもしれないけど、だからこそクロスを上げる選手の気持ちは分かる。終わってから(松原)健と話して、やっぱりあそこに入ってきてほしいと思っていたみたいなので、それができて良かった」

 

 

DF 27 松原 健

「アシストはジュビロ戦以来ふたつ目だけど、しっかり狙ったクロスという意味では初アシストかもしれない(笑)。顔を上げた時に、(水沼)宏太くんがここに出してくれという顔をして走り出していた。合わせるというよりも、ちょっとだけ触ればゴールになるようなボールを意識して蹴った。イメージ通り。

 

ヨコエク

(残り 1105文字/全文: 2156文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ