「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

センターバックとサイドバックの編成が終わる。 左サイドの機能性は新シーズンの成否を占うポイントだ [来季のチーム編成を考察する vol.6]

 

 

[2022シーズン所属確定選手(契約更新&移籍加入)※2022年1月7日時点]

※赤字は新加入&レンタルバック&新卒選手

 

GK:

高丘陽平、中林洋次、オビ・パウエル・オビンナ、田川知樹

センターバック:

實藤友紀、チアゴ・マルチンス、畠中槙之輔、角田涼太朗

右サイドバック:

松原健、小池龍太、西田勇祐

左サイドバック:

永戸勝也、小池裕太、池田航

ボランチ:

喜田拓也、岩田智輝、渡辺皓太、藤田譲瑠チマ、山根陸

トップ下:

マルコス・ジュニオール、吉尾海夏、樺山諒乃介

右ウイング:

水沼宏太、エウベル

左ウイング:

宮市亮

ストライカー:

レオ・セアラ、西村拓真、ンダウ・ターラ

 

※期限付き移籍選手一覧

GK 白坂 楓馬 → 鹿児島ユナイテッドFC/J3
GK 寺門 陸 → レノファ山口FC(育成型期限付き移籍)/J2
DF 平井 駿助 → ラインメール青森FC/JFL
MF 椿 直起 → 水戸ホーリーホック/J2
MF 松田 詠太郎 → アルビレックス新潟/J2
MF 植田 啓太 → 栃木SC/J2
MF 榊原 彗悟 → ラインメール青森FC/JFL
MF 南 拓都 → いわてグルージャ盛岡/J2
FW 前田 大然 → セルティック/スコットランド
FW 津久井 拓海 → ラインメール青森FC/JFL
FW 山谷 侑士 → 横浜FC/J2

 


 

GK高丘陽平の契約更新が発表された。昨春以降は押しも押されもせぬトリコロールの正守護神に成長し、25歳という年齢を考えても向上の余地を多く残す。現在のJリーグには実力ある外国籍GKが多くいるが、高丘ほどの実力を持った日本人は少ない。2022年は日の丸のユニフォームを目指してもらいたい選手のひとりだ。

 

 

その高丘がレギュラー最右翼となり、梶川裕嗣が新天地を求めたGK陣は一般的な4人体制に落ち着く。2番手候補筆頭は栃木SCで試合経験を積んでオビ・パウエル・オビンナで、ここぞという場面でのビッグセーブにも期待がかかる。それを追うのがベテランの中林洋次とプロ2年目を迎える田川知樹で、GKユニットとしてのバランスは素晴らしい。

 

 

松永成立GKコーチをメインに、榎本哲也アシスタントGKコーチがフォローする体制も変わらない。

 

 

410732e6929a040dd4c6454865ef7753

(残り 784文字/全文: 1714文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ