「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「不用意なミスから試合を壊してしまって、自分たちでというか自分がこのゲームを壊して難しい展開にしてしまった」(畠中槙之輔)他 [広島戦後コメント]

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

「特に語るようなことはないが、キックオフから5~6分まではいい形で進めて、ビッグチャンスを作れた。その後は自分たちから相手にゴールを与えてしまい、ひとり少ない状況から難しい展開になってしまった。ただ見てもらえれば分かるように、10人になってからもあきらめることはなく、最後までやるべきことを貫く通す試合ができた。選手たちがキャラクターの部分もしっかり見せくれたし、自分たちは10人になってもマリノスのサッカーを見せてくれたという内容だったと思う」

 

――畠中選手はミスから失点に絡み、角田選手は退場ということで、両センターバックがあまりいい印象を残せなかったと思う。そうなってしまった要因は?

「個人のミスのところだけを見て、その瞬間について何かを言うのは簡単だ。でも自分たちは開始直後にチャンスを作っていて、トーナメントにおいてはゴールを決めることが重要だ。ミスを少なくすることは大事だし、それをなくすことで自分たちのサッカーに持っていける。アグレッシブに前方向に行くというゲームプランを立てていたが、10人になって難しくなり、プランを変えざるをえなかった。ひとり少ない状況でも選手たちはあきらめることなく、プレーし続けた」

 

――特別指定選手の村上選手をデビューさせた意図と評価は?

「ゲーム前からプランを立てていて、今日は起用しようというのがあった。ひとり少ない状況になってプランを変えざるをえなくなったが、彼にとってはいろいろな意味で素晴らしいデビューになったと思う。彼はハードワークしていたし、やろうとするサッカーをピッチ上で見せてくれた」

 

 

 

――このカップ戦敗退で今季狙えるタイトルはリーグ戦だけになった。その状況をどのようにとらえている?

「自分はシーズンが終わる頃をどうこう考えていない。とにかく次の土曜日に向けて集中する、それだけ。一番大事なのは次の土曜日のこと。ルヴァンカップ準々決勝敗退ということで残念な気持ちだし、もちろん準決勝に進みたかった。今日勝った広島にはおめでとうと伝えたいが、明日からそれは考えることはない。土曜日の試合で強さを見せられるように、そこだけに集中したい」

 

 

――リーグ戦の川崎フロンターレ戦で先発したメンバーはかなり消耗していたのか? それとも最初からこういったメンバーで臨むつもりだったのか?

「自分たちはメディカルやフィットネスコーチからのデータを基に一人ひとりの体の状況を把握している。たくさんの試合をこなしていく上で連続して出場するのは難しい。スタッフの協力の下、全員を信じている。その中で、あのタイミングでレッドカードが出ることは誰にも予想できない。ルヴァンカップは終わったことなので、次の土曜日に向かってやっていきたい」

 

 

DF 4 畠中 槙之輔

――点を取りに行かないといけない試合だったが、スタートの時点でどのように考えていた?

「複数得点しないといけない試合で、フロンターレ戦から中2日だけどしっかり準備していた。ただ自分が不用意なミスから試合を壊してしまって、自分たちでというか自分がこのゲームを壊して難しい展開にしてしまった」

 

 

――先発をガラッと入れ替えて戦う時の難しさは?

 

ヨコエク

(残り 1548文字/全文: 2944文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ