デイリーホーリーホック

「自ら殻を突き破った唐山翔自。リーグ終盤で決めたゴールの価値」【コラム】

【写真 水戸ホーリーホック】

水戸はこれまで多くの若手選手の才能を開花させてきたが、シーズン終盤の唐山翔自の活躍ぶりは異質のものだった。

先日公開したコラムでも記したように、水戸はピッチ内外で選手を育成するシステムを構築しており、その中で多くの若手選手の能力を育みながら、試合経験を積ませて成長をさせる。そのサイクルこそが、「育成の水戸」の強みだ。

ただ、唐山はその中にいながらも、なかなか変化する兆しを見せることができず、ピッチで結果を残すことができない日々が続いた。

「正直、使う気はなかったですから」

(残り 1461文字/全文: 1779文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ