「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(今日の試合は) 良かったと思う。小池もそうだが高野もしっかりやってくれた。タフなスケジュールを頭に入れて、レベルを落とさないローテーションの起用を考えている」(ポステコグルー) 他 [福岡戦後コメント]

[コメント]

アンジェ ポステコグルー 監督

「チャレンジングな試合内容だった。相手はフィジカル的に強いしロングボールも多いので疲労度が高くなり、前半はなかなかコントロールできなかった。ただ後半は落ち着いてできたし、初スタメンのエウベルもうまく対応してくれた」

 

――リーグ戦3試合目で初勝利となった。どのように受け止めている?

「勝つことによって自信という部分につながってくると思うし、信じる気持ちも強くなっていくと思う。広島戦もいい部分があったけど勝ち切れなかった。カップ戦だけど仙台戦はしっかり勝てたし、川崎戦はスタートが良くなかったが、徐々に良くなっている傾向はみられる。この試合だけでなく今後も続けていくことが大事だと思っている」

 

 

――後半に入ってテンポが上がった。ハーフタイムに改善して良くなった点は?

「コンパクトにプレーすることを選手に伝えた。距離的にお互いが遠かったし、シンプルにやることを伝えた。前半は良くなかったが、悪くもなかった。チャンスも作れていた。ビルドアップのところで距離が遠くなると難しくなるので、後半はしっかりコンパクトにプレーすることを伝えた」

 

――小池選手が今季初スタメンで初ゴールを決めた。彼の働きについては?

「良かったと思う。小池もそうだが高野もしっかりやってくれた。タフなスケジュールを頭に入れて、レベルを落とさないローテーションの起用を考えている。本当に良かった試合だと思う」

 

 

――エウベル選手が移籍後初先発だった。この試合の3トップの機能性は監督の目にどのように映った?

「今日は今日でああいうメンバーだったが固定というわけではない。(オナイウ)阿道にしても水沼宏太にしても、彼らもしっかりできる。あとレオ(セアラ)という選手はまだ来日していない。彼が加わることでいろいろなことが試せる」

 

 

 

FW 23 仲川 輝人

――初勝利をどのように受け止めている?

「うれしいし、チームとして内容ある結果を求められていたので、その部分に関しても良かった。でも個人的な問題というか、結果を出せていないという改善点はある。チームが乗ってくれば自分も乗ってくると思うし、自分が乗ればチームも乗ってくると思うので、次へ向けて切り替えて、改善点を話し合っていきたい」

 

 

――前半はビルドアップのところで相手のプレスにつかまってショートカウンターを食らう場面が多かった。改善点について感じていることは?

 

 

ヨコエク

(残り 1708文字/全文: 2744文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ