HAMABLUE PRESS

四方田修平監督「長崎の前線は誰が出ても脅威。それを生かす中盤の上手い選手もそろっている」……J2第38節・長崎戦試合前コメント

J2第38節・長崎戦を翌日に控え、四方田修平監督がオンラインによる試合前会見に応じました。話題がとっ散らからないよう順番を入れ替えているところもありますが、ほぼ全文を紹介します。 (※今回、質問者はハマプレのみ)

 

■四方田 修平監督

――前節の甲府戦の翌日、エリートリーグは中止になってしまって残念でしたが、札幌の方たちには会えましたか?

「はい、会えました。少しですけど久々に会って、嬉しかったです」

 

――来年J1で戦おう、と?

「まあまあ(笑)、とりあえずそこまで(の話)ではないですけど、お互いに残りシーズンわずかとなったので目標を達成できるように頑張りましょうと。あまりにもたくさんいろんな人に会ったので、幅広く少しずつしか話はできませんでしたけど」

 

――会う人会う人、足の骨折のことを聞かれて?

「まあそこが中心になっちゃいますよね(笑)」

 

――では、いよいよ残り5試合、首位の新潟と勝点3差、3位の岡山と勝点5差での戦いです。状況をどうとらえて、どう戦っていきますか?

(残り 1883文字/全文: 2337文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ