HAMABLUE PRESS

【無料記事】横浜FCユース・前田勘太朗「高3のときにはプロでやっていたいという目標があります」……U-18プレミアEAST 第3節・青森山田高校戦 試合後コメント

 

■前田 勘太朗

「自分の長所の(相手の)背後(を狙うところ)が消された中で、自分としてはけっこう難しい試合でしたけど、背後を消されたときでもゴール前に顔を出して違いを生み出せる選手にならないといけないので、シュートを打ちきる、決めきるといった最後の質を高めていかないといけないと思いました」

 

──チームとしてサイドを突破するところまではやれていましたが、青森山田は中が堅かったですね。

「そうですね。サイドで起点を作ると相手のアプローチは割と弱かったので、フリーを作れてそこから自分の仕掛けや味方を使うプレーはできましたが、ゴール前の場面では相手もしっかり守ってきて、裏に抜けてからシュートを打ちきるとか相手を抜いていくところができていなかったと思います」

 

──青森山田は攻撃にしても守備にしてもゴール前の強さだけは負けないというチームという印象です。

「そうですね。自分たちも攻撃も守備もゴール前のところは練習してきたので、そこは自信を持っていますけど、今日は勝てなかったのはそこの違いが出てしまった。やっぱりまだまだかなと思いました」

 

──去年のチャンピオンチームに対して、ロングスロー一発だけの最小失点と追い詰めたことは手応えを感じられますか?

「いや、自分たちのほうが順位は上で迎えた一戦でしたし、もちろんチャレンジャーの気持ちで望みましたけど、ビビるとかじゃなくてしっかり迎え撃つという気持ちでした。でも勝ちきれなかったのでは意味がないかなと思います」

 

──あのロングスローはやっぱり対応はたいへんでしたか?

「そうですね。何回もやられて、最後は守りきれなかったというのは自分たちの甘さが出たかなと思います」

 

──トップチームへの2種登録が発表されました。

「自分は高2とか高3じゃなくて、できるだけ早い段階でトップにデビューすることが目標なので、その権利を得られたっていうところはポジティブにとらえています。でもまだまだここでも結果を出して、プロでも結果出していきたいので、まずプロ契約をつかめるように日々もっと頑張っていきたいという覚悟ができたという感じです」

 

──高校在学中からプロ契約も視野に入れている?

「はい。高3のときにはプロでやっていたいという目標があります。まだ結果を出せていないので、まずこのチームを勝たせられるようにしていきたいと思っています」

 

──これからの抱負は?

「自分が上に行くためにも、今後は目に見える結果で、チームだけの評価じゃなくて、メディアも含めて周りからももっと評価されていかないといけないと思っています。誰が何と言おうと、それを結果で黙らせるように、もっとシュートだったりゴール前の質を高めて、ゴールを決めてもっとアピールできるように頑張っていきたいと思います」

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ