「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

PART1「栃木が残留できたのは群馬のおかげだと⁈」【恒例企画 北関東番記者座談会】(21.12.28)

恒例企画 北関東番記者座談会

PART1 栃木が残留できたのは群馬のおかげだと⁈

恒例の北関東3チーム番のライターによる座談会。今年は群馬が水戸の10連覇を阻止して北関東ダービー杯を手にした。栃木は今年、なんとダービー戦未勝利である。これはまずい。何がまずいかって、この座談会の立場がまずいのである。

(座談会実施日 2021年12月23日)

 

【座談会参加者】

佐藤拓也(水戸)
デイリーホーリ−ホック
鈴木康浩(栃木)
栃木フットボールマガジン
伊藤寿学(ザスパ)
群馬サッカーNEWS Gマガ

 

▼ホーム群馬戦の敗戦で栃木が復活

佐藤 まずは、伊藤さん。北関東王者おめでとうございます! ご感想を!

鈴木 そうか、群馬優勝か。

伊藤 すっかり記憶から飛んでます笑。残れるかどうかの瀬戸際だったんで……。

鈴木 ですよねー。

佐藤 北関東王者 < J2残留

鈴木 タイトルの重みが……。

伊藤 笑

佐藤 ただ、残留できたし、北関東王者だし、なんだかんだでおいしいシーズンだったのでは?

伊藤 振り返ればダービーで勝点取れたから残留できましたね。おいしいシーズンではないです笑

佐藤 栃木から勝ち点6を取ったから、栃木に感謝しないと。

鈴木 いや、勝点4。ホームで負けてあげた。

伊藤 あれで栃木にスイッチが入ってしまいました。そのあと連勝だったよね?

鈴木 そうそう、あのホーム群馬戦で負けて降格圏に落ちて、3連勝。

佐藤 何が変わったの?

(残り 2280文字/全文: 2866文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ