群馬サッカーNEWS Gマガ

【戦記】J2第27節 ザスパ対讃岐 残留争いの大一番で、またしても悲劇の敗戦

 【戦記】J2第27節 ザスパ対讃岐 残留争いの大一番で、またしても悲劇の敗戦

 

 

 

このままJ3へ落ちてしまうのか。21位讃岐との下位直接対決。1−1のスコアでゲーム終盤を迎えたザスパだったが気迫が空回り。終了間際の後半44分にカウンターから決勝ゴールを決められて、地に伏した。J2残留の希望が遠のく敗戦だった。

 

 

試合後、森下仁志監督は「選手が戦えていないのであれば(監督を)辞めるが、そうではない。だから続ける」と、監督のポジションにしがみつく姿勢をみせたが、勝利への執念、気迫で讃岐が上回っていたのは事実だ。

 

(残り 1221文字/全文: 1491文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ