■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

「ゼルビアTimes」郡司聡

“ファイナルアンサー”は布陣変更。最終形態を導き出した「守備の逆算」【検証・シーズンレビュー2023⑤】

J2優勝・J1昇格という目標達成で幕を閉じた2023シーズン。目指す景色に辿り着くまで、“黒田ゼルビア”はどんな道を歩んできたのか。計4回掲載予定(5回に変更)のシーズンレビューで検証する。

昇格決定試合でも先制点。宇野禅斗の覚醒が原動力に

▼[3−5−2]採用が宇野禅斗の覚醒に寄与

ポゼッションが肉付けされたいわきFCに対して、自慢のプレスワークが剥がされた衝撃的な敗戦は、ある種の“ショック療法”となった。ラストスパートを目論む町田が目標としてきたJ2優勝・J1優勝へ駆け上がるための方法論が問われる中、コーチングスタッフが打ち出した解決策は“意識改革”ではなく、布陣変更だった。

(残り 3564文字/全文: 3854文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ