「ゼルビアTimes」郡司聡

岡野洵/さよなら、ハイスペック・イケメン。決断の決め手となった上昇志向【ゼルビアを去り行く男たち①/短期集中連載】

2022シーズンにおけるチームの全活動が終了し、すでにチームを離れる選手が発表されるなど、サポーターにとっては寂しい時期を迎えている。“出会いがあれば別れがある”。FC町田ゼルビアを去り行く選手たちにフォーカスした短期集中連載。第1回はV・ファーレン長崎へと完全移籍することになった岡野洵にフォーカスする。

“右肩上がり”で終えた町田1年間。来季は長崎で新たなチャレンジへ

▼「一番下からのスタート」で

町田移籍1年目のシーズンを“上がり目”で終えた男が選択したのは、新天地でのチャレンジーー。11月29日、クラブは岡野洵がV・ファーレン長崎へ完全移籍することを発表した。

心機一転、ジェフユナイテッド千葉のアカデミー育ちがゼルビアブルーのユニフォームに袖を通すと、プレシーズンのキャンプでは負傷した影響により、コンディションがなかなか上がらず。コーチングスタッフからの評価も芳しくなかったため、CB陣の序列としては「一番下からのスタート」(岡野)だった。

(残り 2115文字/全文: 2539文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ