「ゼルビアTimes」郡司聡

「アピールする場はここしかない」。逆襲を誓う男たちの奮戦【TM・SC相模原戦/マッチレビュー】

◾️トレーニングマッチ
8月7日(月)11:00キックオフ
FC町田ゼルビア 1−3 SC相模原(0−2、1−1)
【得点者】町田/2本目9分 鄭大世

Jデビュー済みの樋口堅。トレーニングマッチは貴重なアピールの場だ

▼テーマは「どう勝つか」

大分トリニータ戦の翌日にあたる8月7日、町田はJ3・SC相模原とトレーニングマッチ(45分×2本)を実施。曇り空の蒸し暑い気象条件下で実施された試合は、1−3で敗れた。

前日の大分戦に出場した選手はフリー参加のリカバリーメニューのみで終え、平戸太貴、髙江麗央、奥山政幸、翁長聖、福井光輝が参加。彼らも相模原戦を見守った。

(残り 1140文字/全文: 1426文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ