「栃木フットボールマガジン」鈴木康浩

鈴木海音「試合前から全員で戦おうと一つになっていたし、一人ケガで離脱したからと崩れずに全員が助け合えていた」ほか根本凌【J2第39節 ヴァンフォーレ甲府戦後のコメント】(22.10.1)

2022明治安田生命J2リーグ第39節

2022年10月1日14時キックオフ JITリサイクルインクスタジアム

入場者数 4,308人

ヴァンフォーレ甲府 0-1 栃木SC

(前半0-0、後半0-1)

得点者:79分 根本凌(栃木)

天候 晴れ
気温 31.5℃
湿度 20
ピッチ 良

<スターティングメンバー>

GK 41 藤田 和輝
DF 30 福森 健太
DF 35 鈴木 海音
DF 28 吉田 朋恭
DF 10 森 俊貴
MF 7 西谷 優希
MF 14 谷内田 哲平
MF 8 髙萩 洋次郎
FW 38 小堀 空
FW 32 宮崎 鴻
FW 23 植田 啓太
控えメンバー
GK 25 青嶋 佑弥
DF 40 井出 敬大
MF 11 ジュニーニョ
MF 17 山本 廉
MF 24 神戸 康輔
MF 33 磯村 亮太
FW 37 根本 凌

17分 福森→井出
69分 宮崎→根本
69分 植田→ジュニーニョ
90+4分 谷内田→神戸
90+4分 髙萩→山本

 

■鈴木海音

――最後は足を攣っていましたね。

「後半の最初のほうにもう足を攣っていて、でも選手はいないし、あまりそういう姿勢を見せてはいけないと思って、きつかったですけど、全員が戦っていたので。こういう苦しい状況でも全員が戦ったから勝てたと思うし、きつい中でハードワークして勝てたことは本当に大きいと思います」

――個人的には代表から戻ってきて準備段階で身体が重かったのですか?

「身体が重いというのはありましたが、代表に行ったからリーグ戦ではあまり良いパフォーマンスを発揮できませんでした、という言い訳は通用しないし、代表から帰ってきてから何ができるか、成長した部分を発揮できるか、そうやって自分の価値を証明できると思うし、身体がきつい中で90分間集中して無失点で終えられたことは良かったと思います。個人的に今年は代表に行って帰ってきてからいいパフォーマンスが出せないとか、行く前の試合でいいパフォーマンスが出せないとか、悔しい思いしかしてなかったので、今回それを払拭できたと思うし、シーズンの最後の最後でやり切れたなと思います」

(残り 1899文字/全文: 2770文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ