「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

マルキーニョス、ドゥトラが契約更新 [藤井雅彦エクスプレスレポート]

 

助っ人ブラジル人は健在なり

21日、マリノスはFWマルキーニョス(36)、DFドゥトラ(39)と2013年度の契約更新を発表した。

これによって来シーズンの保有権はマリノスが所有する。つまり二人の助っ人外国籍選手が完全移籍することはない。ただし契約更新したうえで期限付き移籍する可能性はゼロではない。

実際、この冬にマルキーニョスの獲得を模索するJクラブがなかったわけではない。それもそのはず、故障の影響でシーズンフル稼働こそ難しくなったものの、ゴール前での決定力はまったく錆び付いていない。今シーズン序盤戦は腰痛の影響で出遅れたにもかかわらず、リーグ戦22試合10得点という高い得点能力を見せ、これでJ1通算得点を『119』(J1歴代5位)まで伸ばした。「コンスタントに結果を出せるし、計算できる」と唸ったのはあるクラブの強化担当者だった。マルキーニョス以上に計算できる助っ人FWなどそうそう見つからない。他クラブが興味を持つのも当然だろう。

それでもマルキーニョスとドゥトラはマリノスに強い愛着を示している。

(残り 662文字/全文: 1120文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ