「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

齋藤4.5「たったひとりで相手守備陣を切り裂く」・富樫4「彼らしさが凝縮されたようなゴール」[福岡戦採点&短評]

 

GK 1 榎本 哲也「3」

後半にファインセーブで連続完封の原動力となる。派手さこそないが、ミスのないプレーで安定もたらす。

 

DF 13 小林 祐三「3.5」

高いレベルで安定している。マルティノスとともにサイドで数的優位を保ち、亀川を沈黙させた。

 

DF 22 中澤 佑二「3」

エリア内ではファビオとともにウェリントンを封じた。システム変更によってビルドアップの負担が減った印象。

 

DF 5 ファビオ「3」

序盤はウェリントンとの空中戦で苦戦したが、徐々に自分のペースに持ち込んだ。前への出足もまずまず。

 

DF 24 金井 貢史「3」

特筆すべき点はないが、SBはそういったポジションだろう。2戦連続で結果を出したことに意味がある。

 

MF 28 喜田 拓也「4」

的確な読みでボールを奪い取り、その後は相手とボールの間に体を入れて持ち運んだ。

 

下バナー

 

MF 8 中町 公祐「3.5」

依然として雑な球出しは多い。それでも富樫に出したようなパスを出せるのがこの人の魅力だろう。

 

MF 20 マルティノス「3.5」

局面打開力をこの試合でも発揮。ドリブルだけでなく殺傷能力高いパスを出したこともポジティブ要素だ。

 

MF 11 齋藤 学「4.5」

トリコロールの閃光となる。たったひとりで相手守備陣を切り裂き、今度こそしっかり決めた。

 

FW 9 カイケ「2.5」

何もしなかった。リスタートのキッカーとしては不適合だろう。

 

FW 17 富樫 敬真「4」

中町のパスに反応し、冷静な状況判断からしっかり決めた。彼らしさが凝縮されたようなゴール。

 

MF 10 中村 俊輔「3」

2-0の状況でトップ下へ。これといった仕事なく試合を終える。

 

FW 16 伊藤 翔「4」

斜め後ろから出てきたボールに対して迷わず右足を振り抜く。ストライカーらしい一撃だった。

 

MF 7 兵藤 慎剛「-」

フリーのシュートは相手DFに当たってCKに。しっかりと決めなければいけない場面だった。

 

監督 エリク・モンバエルツ「3」

あの展開で、サテライトリーグで結果を出してベンチ入りさせて仲川をなぜ起用しなかったのか。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ