「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

厳しい現実 [1st15節川崎戦レビュー]

 

素直に負けを認めなければいけない。「結果としては2-0だけど、それ以上の差があった」という榎本哲也の言葉こそ、この試合を端的に語っている。特に前半に放ったシュートは0本で、齋藤学の単騎突破以外は攻め手がなかった。まともにポゼッションさせてもらえず、フロンターレに終始ゲームを支配された。後半ある程度ボールを持って攻めたが、それはリードしている相手が引き気味に戦ったからに過ぎない。

 それでも勝敗は、ほんの少しで変わる可能性があった。最近のマリノスはワンチャンスを生かしてゴールできるチームで、逆に不用意なミスさえなければ先制点を献上することもなかっただろう。とはいえミスを犯した新井一耀を責めるわけにはいかない。下平匠の負傷離脱によって左SBを務められる選手はいなかった。これはチーム編成の問題だ。そして、ひとつのミスさえなければ、結果はまったく違うものになったかもしれない。

問題はそこではない。結果は違っても、内容は何度戦ってもおそらく同じ展開になった。フロンターレがボールを持ち、マリノスは下がってブロックを形成して守る。シュート数や決定機の数では劣っただろう。スコアレスのまま時間が経過すればマリノスに勝機が生まれ、カウンターやセットプレーからゴールネットを揺らすチャンスが生まれる。そんな展開を昨日のゲームで期待していたのである。

内容で押されるのは承知の上。だからこそ結果だけは譲るわけにはいかなかった。昨季、アウェイで対戦した際のゲームが、まさにそんな展開だ。全員で守り、セットプレーでワンチャンスをモノにした。勝つための最善策であり、唯一の手段だった。

 

下バナー

 

 いまのマリノスは結果で均衡を保っているだけに過ぎない。チームの進捗という点で、そこでも個人に依存している。齋藤を筆頭に遠藤渓太やマルティノスの個人技を生かすサッカーが悪いわけではないが、それだけでは彼ら次第になってしまう。中村俊輔を起点とするセットプレーは、中村がいなければ成立しないのだ。

この状況に中澤佑二は警鐘を鳴らす。

「フロンターレが強いのか、マリノスとの差が開いてしまったのか。いままでマリノスとフロンターレはいいゲームをすることが多かったけど、今日は優勝を争っているチームと、真ん中のチームという感じだった」

 厳しい現実を突きつけられた。フロンターレは悲願の初タイトルに大きく前進し、マリノスは同じ場所にとどまっている。このままでもリーグの中位をキープすることはできるが、タイトルには手が届かないだろう。そして、何かを抜本的に変えなければ、フロンターレとの立ち位置を逆転するのは難しい。

 

 

 

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ