「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

パク4「トドメを刺す3点目のプロ初ゴール。試合をこなすごとに成長」 ・齋藤4「ゴール前で抜け目なし」 [柏戦採点&短評]

 

GK 1 榎本 哲也「3」

目立った仕事はなし。しかしミスもまったくなかった。堅実なプレーでチームに落ち着きを与える。

 

DF 13 小林 祐三「3」

序盤は武富の圧力に苦しんだが、時間経過とともに押し返した。齋藤が右サイドに移ってからは攻撃にも積極的に関与。

 

DF 4 栗原 勇蔵「3.5」

ヘディングゴールは相棒に譲り、この日の主な仕事は守備。空中戦では誰にも負けず、プライドを誇示。

 

DF 22 中澤 佑二「4.5」

ゾーンディフェンスの穴を突くランニングから見事なヘディングゴール。試合内容に首を傾げつつも、重鎮は『結果』の重要性を知っている。

 

DF 23 下平 匠「3」

対面した伊東純也とのマッチアップは少なかった。前方の位置した齋藤や遠藤をうまくコントロールしながら数的優位を保つ。

 

MF 2 パク ジョンス「4」

試合をこなすごとに成長し、存在感が増しつつある。トドメを刺す3点目のプロ初ゴールまで決めた。

 

下バナー

 

 

MF 8 中町 公祐「3.5」

2点目はヘディングの強さで、3点目は正確なクロスで、2アシストを達成。ボレーシュートを外したのはご愛嬌だ。

 

MF 18 遠藤 渓太「3」

毎試合似た評価になるが、この試合でもチャンスに絡んでいた。しかし結果を残せず。メンタル的に気落ちしているように見えるのが気がかり。

 

MF 10 中村 俊輔「3.5」

精度の高いキックはリスタートだけではない。30メートル以上の距離をこれほど正確に蹴れる選手は日本にいない。

 

MF 11 齋藤 学「4」

ドリブル突破で数的優位を作る場面は少なめ。それでもゴール前で抜け目なく決めて存在感を見せた。

 

FW 16 伊藤 翔「3」

先発出場したストライカーがシュート0本はいただけない。孤立傾向にあるのはいまに始まったわけではなく、その中で何をするか。

 

DF 5 ファビオ「3」

けがからの復帰戦はアンカーポジションで。守備機会はそれほど多くなかったが、試運転としては好都合だったか。

 

FW 9 カイケ「3」

2点リードしている有利な展開で出番を得たが、これといった仕事をできず。そろそろ結果を残さなければ…。

 

MF 7 兵藤 慎剛「-」

中村と交代してトップ下のポジションへ。出場時間が短いため採点はできない。

 

監督 エリク・モンバエルツ「3」

練習で一度も試したことのない新布陣を、2点リードしているとはいえ公式戦でいきなり指示しまうのだから、選手はビックリである。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ