「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

齋藤2「ゴールを決めなければいけない。それだけ」・アデミウソン2「チャンスはあった」・三門2.5「前半のバー直撃ミドルが入っていれば」 [神戸戦採点&短評]

【採点&短評】
※5が最高で1が最低。採点は0.5刻み。

 

GK 21 飯倉 大樹「2.5」

失点はノーチャンス。劣悪なピッチに技術の高さが少しだけ乱れた印象あり。

DF 13 小林 祐三「2.5」

前半は高い位置に上がって攻撃に厚みを加えた。後半はほしいタイミングでボールを出してもらえず。

DF 22 中澤 佑二「2」

失点場面の対応はやや軽かったか。足を止めての対応で突破を許し、失点の遠因となる。

DF 5 ファビオ「2.5」

リーチの長さを生かしたボール奪取を幾度となく見せた。能動的な球出しも良かった。

DF 23 下平 匠「2」

最近のゲームではなかなか良さを出せず、この試合も例の漏れず。周囲と微妙に呼吸が合っていない。

MF 7 兵藤 慎剛「2.5」

バランサーとして優秀であることを証明して見せた。ただ久しぶりの先発で後半は疲労が先行した印象も。

MF 6 三門 雄大「2.5」

前半のバー直撃ミドルが入っていれば…。終盤は右SBにスライドしてクロスを供給するも、わずかに合わず。

 

 

下バナー

 

 

MF 29 天野 純「2.5」

レシーバーとして、パサーとして、良さを出した。だからこそ結果が必要で、周囲に認められたかどうかは怪しい。

MF 25 藤本 淳吾「2.5」

天野純同様に悪くなかった。ただし試合勘の欠如なのか、ゴールに最も近い選択ができなかった。

MF 11 齋藤 学「2」

ゴールを決めなければいけない。それだけ。

FW 39 アデミウソン「2」

チャンスはあった。だがシュート精度が足りなかった。

MF 10 中村 俊輔「2.5」

途中出場したが、これといった収穫を挙げられず。試合展開が不向きだった印象も。

FW 16 伊藤 翔「2.5」

チャンスに恵まれず、消化不良のまま終わる。前半にいれば違った可能性はあるが…。

FW 9 矢島 卓郎「-」

ゴールの匂いを最も感じさせたのはこの男。もっと長い時間見たいと思わせるプレーだった。

監督 エリク・モンバエルツ「2」

カップ戦は勝ち上がるか、消えるかのどちらか。チャンスを決めきれなかったのは選手だが、たくさんのチャンスを生み出す布陣を選んだのは指揮官。是非を問うのは難しい。

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ