「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「(元チームメイトのエリキの) 素晴らしさや能力は十分に承知している。どれだけ危険な選手かも分かっている。マリノスにとって大切な選手であり、仲間でもあった」(喜田拓也)他 [町田戦前コメント]

 

[コメント]

ハリー キューウェル 監督

「町田は素晴らしいスタートを切って今日までシーズンを戦っている。監督が求めるやり方がしっかりと構築され、ブレずにハードワークしている。後ろからボールをつないでどうこうしてくるチームではないと思う。それは彼らのスタイルだし、監督含めて意識が統一されている。

 

 

 

カウンターやセカンドボールを拾う強さがある。走行距離の部分でも自分たちよりも上で、球際の強さや前からのプレスもある。でも焦れずに自分たちのサッカーをやりたい。自分たちにもスタイルがあるし、それをしっかり発揮したい。彼らと完全に同じようなプレーになってしまったらやられてしまう。自分たちのサッカーを大事にしていきたい。自分たちがブレずにやること。90分間通して自分たちのサッカーをしっかり見せられれば、彼らは止めることができないと思う」

 

 

 

DF 2 永戸 勝也

「相手はいま1位にいるだけあって、徹底している感じが伝わってくる。それは見ていて分かるので、身長のこともあるので空中戦すべてに勝てるわけではないかもしれないけど、ほかに分があるところはあると思うし、ひとりで守るわけでもない。前後左右のユニットのところでうまく守って、相手をひっくり返せる展開にしたい。相手のFWが流れてきたところは僕が競るというよりもセンターバックがそのままついてきてくれると思うので、後ろに流されたボールへのカバーやセカンドボールが主な仕事になる。あとは慌てずに守れたら全然いけると思っている。

 

 

 

ヨコエク

 

相手はセンターバックやボランチからシンプルなボールを入れてきて、上か、裏か、という感じだと思う。正確な判断で処理できれば問題ない。上へ行かないといけないと思っているし、そのために重要な試合。連戦になるし、とにかく勢いを付ける第一歩になれるように頑張りたい。どのチームに対してもそうだけど、僕らが一番でありたいと思っている。勝ちたい気持ちはいつも持っている。相手が首位だからその気持ちが増すところもあるけど、鹿島戦もそうだったけど相手に合わせなくていいところは合わせないでいい。冷静にやらなければいけないと個人的には思っている。チームと個人としても余裕がある立場ではないので、自分ができることを100%やるだけだと思っている」

 

 

DF 15 上島 拓巳

「(町田について)スタイルがハッキリしているチームだと思うし、Jリーグで最も勢いのあるチーム。僕としては現役の韓国代表であるオ・セフン選手とやり合うのは楽しみ。空中戦の勝利回数もリーグで断トツのトップなので、彼に仕事をさせない、特徴を出させないようなプレーができれば、自分たちの展開になっていくと思う。ただ高い選手はいるけど、オ・セフンに関しては身長にプラスして身体能力も高い。ただ大きい相手ではない。自分が試されている試合になると思う。セットプレーからの得点力があるチームでもあって、そのあたりの確認もした。ファーストの競り合いが大事で、そこでの勝敗が次にこぼれるボールに影響を与える。自分がリーダーシップを取って跳ね返していきたい。ああいったスタイルのチームとやるのは好きなので、僕自身の強みを存分に出せればいいかなと思う。

 

 

 

 

(町田のスタイルについて)相手のスタイル的に精神論じゃないけど気持ちの部分がタフ。100%で臨んでくると思うので、僕たちも受けないようにしたい。僕としては結果を追い求める姿勢というのは素晴らしいなと思うし、批判される対象ではないと思っている。相手の土俵に持ち込ませたくないし、先制点を与えてしまえば時間をうまく使われてしまう。真っ向勝負に対して、僕は真っ向勝負で行きたいと思っているし、それにプラスして攻撃のところでは相手をうまく動かしていきたい」

 

 

 

 

 

MF 8 喜田 拓也

「勝つためにやりたいと思う。相手のストロングに対して自分たちの共通理解を持つことはできる範囲で詰めた。相手のやり方を尊重しているし、それぞれのチームに大切にするアイデンティティとか哲学みたいなものがあって、そのすべてが尊重されるべきだと思う。やっている選手からすると自分たちがこだわっているもの同士がぶつかるのはすごく面白いし、やりがいがある。自分たちの信じているものがシンプルにぶつかり合う戦いだと思う。価値観は人それぞれなのでそこまで制御できないけど、相手のやり方にどうこう言うつもりはない。マリノスはマリノスが大切にしてきたことを存分に出して、お互いの良さが出る好ゲームになればいいと思う。

 

 

 

 

(元チームメイトのエリキについて)彼の素晴らしさや能力は十分に承知している。どれだけ危険な選手かも分かっている。マリノスにとって大切な選手であり、仲間でもあった。そういう選手に、やっぱりマリノスは素晴らしいチームだなと痛感させられるようにやりたいし、簡単にいくとは思っていないけど良い結果を得られるように戦いたい」

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ