「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「個人的に出場機会を得られるとしたら、ゴールやアシストという目に見える結果がまだ出ていないので、それを出して自信につなげていきたい」(井上健太)他 [岐阜戦前コメント]

 

[コメント]

ハリー キューウェル 監督

「(岐阜について)いくつかの映像は見ている。リーグ戦は苦戦していると聞いているが、それは別として直近の試合でも失点するまではいい部分が見えた。90分近くで大量失点してしまったが、仕方のないこと。彼らがやろうとしているサッカーは間違っていないと思うし、しっかりと目的を持ってやろうとしていることが見えている。自分たちにとっていいチャレンジだと思っているし、アウェイの地に乗り込む。ファン・サポーターのためにも、自分たちがやるべきことをやって、しっかりと戦っていきたい。

 

 

 

 

(ACLを獲れなかった中で天皇杯というタイトルについて)大きなタイトルを獲り損ねてしまったが、自分たちはいくつかある大会に参加している以上、タイトルを獲るチャンスはあるし、しっかりと獲りにいきたいと思っている。チームによっては、ここではなくこちらを優先するということもあるかもしれないが、我々にそういうことはまったくない。一つひとつの試合に向けていい準備をするだけだと思っているし、自分たちがやるべきことをやるだけ。自分の経験上、「この試合は別に……」と思ったらすぐにやられてしまうので、相手がどこであろうと自分たちがやるべきことをやって、ピッチ上でしっかりと表現したい。

(練習参加している渡邊泰基選手やエウベルは試合に起用できるのか?)エウベルはもう少しかかるが、ハードワークしているし、今回ではなく次くらいには戻ってこられる状態だと思う。泰基も戻ってきてからいい状態でトレーニングしている。ただ、彼も状態が戻ったからといってすぐにポジションを与えられるかというとそうではない。他の選手もそうだが、一つのポジションに対して競争心が上がっていくことはすごくいいと思うし、しっかりと戦ってほしいと思う。

 

 

 

 

(8連戦、岐阜に勝てば10連戦になる)以前にも話していることだと思うが、自分たちのチームには最高のメディカルスタッフ、コンディショニングスタッフ、フィットネスを整えてくれるスタッフも揃っている。彼らに任せることもひとつだし、一人ひとりがいい状態でいるということが大事。どんな状況でも自分たちがやれることをやるだけだし、選手一人ひとりがしっかりと意識を持ち、常に準備することが大事。その中でも自分たちがやらなければいけないことはたくさんあると思うが、まずは自分たちのことに集中してやっていくが大事だと思う」

 

 

GK 1 ポープ ウィリアム

「(古巣の岐阜について)僕がプロ4年目の時かな。少し息詰まっていた中で、岐阜でもう一度サッカーの楽しさを思い出させてもらった。

 

 

 

 

ヨコエク

(残り 1856文字/全文: 3022文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ