「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「やっと体のコンディションや頭の中がフィットしてきた感覚がある」 天野純の巻き返しが始まる。

文・菊地正典

 

ずっと同じペースで試合を戦い続けていたかった。

この期間にJ1リーグが中断することは開幕前から決まっていたが、自分の感覚と日程のズレに、天野純は舌打ちしたくなった。

 

 

 

 

「個人として、ここ数試合のパフォーマンスに手応えを感じている。自分にしかできないプレーを出せた場面もあった。やっと体のコンディションや頭の中がフィットしてきた感覚がある。だから中断は嫌だった」

 やっと、というのはつまり、それまではフィットしきれていなかった、ということでもある。

 

 

 

 

蔚山現代、全北現代と韓国で過ごした2年間を経て、期限付き移籍から復帰。「マリノスの勝利に貢献することが今の僕の使命」、「韓国のチームからのオファーはあったけど、マリノスしか考えていなかった」。覚悟を持って2年ぶりにトリコロールのユニフォームに袖を通した。新たに20番を背負うプレーメーカーの活躍を期待するファン・サポーターも多いはずだ。

 

 

 

ヨコエク

(残り 589文字/全文: 1054文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

tags: 天野純

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ