「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

仲川3 「リーグ戦デビューとは思えない」・アデミウソン4 「彼にしかできないゴール」・モンバエルツ2「リスタートのキッカーがいなくなったのは痛恨」[新潟戦採点&短評]

【採点&短評】
※5が最高で1が最低。採点は0.5刻み。

 

GK 21 飯倉 大樹「2.5」

失点はボールの精度のフリーのターゲットマンに屈した形。そのほかの場面はミスなく試合を終えた。

DF 13 小林 祐三「1.5」

あれだけ激昂していたということは何かがあったのだろうが、結果としてマークを外してしまったことには変わりない。

DF 22 中澤 佑二「2.5」

指宿のパワーに悪戦苦闘。エネルギッシュな相手に押し込まれる展開が続き、全体的にラインを下げてしまった。

DF 5 ファビオ「2.5」

最後まで中澤とチャレンジ&カバーの関係性が明確にならなかった。競り合いでかぶってしまい、危険を招くシーンも。

DF 23 下平 匠「2.5」

攻守ともに大きな見せ場なく、無難な出来に終始。せめて中村からのパスを決めることができていれば。

MF 28 喜田 拓也「2」

前半終了間際のファウルがこの試合でのすべて。守備の人数が足りている状況なのに不必要なファウルでチャンスを献上してしまった。

MF 6 三門 雄大「2.5」

古巣相手ということもあってか序盤から積極性が光った。ただ、中村交代後にリスタートのキッカーを務めるのは厳しいものがある。

MF 39 アデミウソン「4」

彼にしかできないゴールで勝ち点1を引き寄せる。恐ろしく素早い足の振りから正確にコースを射抜き、痛快にゴールネットを揺らした。

MF 10 中村 俊輔「3.5」

バー直撃の直接FKをはじめ随所にテクニックを披露。両足のふくらはぎがつっての交代は序盤からの消耗度を考えると致し方ないか。

 

下バナー

 

MF 11 齋藤 学「2」

見方はさまざまだろうが、出来が良かった試合と比較すると物足りない。仕掛ける回数そのものが少なく、シュートゼロもいただけない。

FW 16 伊藤 翔「3」

個人的な出来は悪くなかった。局面での1対1を勝利することで展開を有利にした。このパフォーマンスを継続してもらいたい。

FW 19 仲川 輝人「3」

これがリーグ戦デビューとは思えないほど堂々としたパフォーマンス。キレのある動きで試合結果を変えられる可能性を示した。

監督 エリク・モンバエルツ「2」

試合途中からリスタートのキッカーがいなくなったのは痛恨。これだけ勝ち点を落としているのだから、キッカーの重要性を再考すべきではないだろうか。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ