「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

ファイナル2ndレグでも背番号23の出番は必ずやってくる。 溜まっている鬱憤を晴らすのに、これ以上の舞台設定はない。

 

ファイナルを目前に、宮市亮が真剣な目で言った。

「選手が昨シーズンから入れ替わった中で、全員で一戦一戦を大事に戦ってきた大会。ここまで来られて良かったと思う。でも、ここで勝つか負けるかでは天と地ほど違う」

 

 

 

 

総力を結集してここまで辿り着いたからこそ、歴史に名を刻むための成果を掴み取りたい。

ちょうど1年前、彼は3度目の前十字靭帯の負傷から復帰を遂げた。以降、サッカー選手として過ごせる日々を全力でエンジョイしている。一時は引退の二文字も頭をよぎったが、日産スタジアムの景色を見て、踏みとどまった。

 

 

 

 

だから感謝の気持ちを堂々と口にする。

「こうして今サッカーをやれているのはマリノスのおかげ。言い表せないくらい感謝の思いで溢れているし、だからこそタイトル獲得に何としてでも貢献したい。マリノスがアジアのタイトルを獲れるとしたら、この上ない喜び。個人としてもそうだし、関わってくれる人が喜んでくれるものだから」

 

 

 

 

ノックアウトステージ進出後は全試合ピッチに立っている。役割は自他ともに認める『ゲームチェンジャー』だ。後半途中から主に左ウイングとして投入され、チームにエナジーを吹き込む。スピードを生かした突破でたびたびチャンスに絡んでいる。

それが今のところ肝心要の結果になかなかつながっていない。ここまでリーグ戦含めて、公式戦では無得点。ラウンド16のバンコク・ユナイテッド戦でハットトリックのチャンスを逃して味噌がついたのか、焦りもあってシュートチャンスでのミスが目立つ。

 

 

 

 

それでも決して下は向かない。「サッカー選手には次の試合がやってくる」。気持ちを切り替え、次の出番に備える。

宮市の胸にはハリー・キューウェル監督の言葉が刺さっている。

 

 

ヨコエク

(残り 368文字/全文: 1192文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

tags: 宮市亮

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ