「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「僕は傷程度で済んだのでプレーに影響はなかったけれど、渡邊選手はかなりひどい感じだった。でも彼のためにも自分はピッチに立ってやらなければいけないと感じた」(上島拓巳)他 [FC東京戦後コメント]

 

[コメント]

ハリー キューウェル 監督

「残念な表情に見えるかもしれないが、この引き分けがフェアな結果だったと思う。二面性のあった試合で、前半は自分たちがいいスタートを切ってボールをコントロールしてチャンスをたくさん作った。自分たちがデザインしたゴールも決まった。そこで2点目を決められなかったことが悔やまれる。チャンスを作りながらトドメを刺せなかった。途中、センターバックにアクシデントがあって、まだ詳細を聞いていないが大事に至らないことを祈っている。

 

 

 

 

後半、自分たちがやろうとしていたことが急に止まってしまった。相手はマンツーマン気味にやってきた。そこで慌てずゲームマネジメントすることが大事。FC東京がたくさんチャンスを作り、自分たちは最後にハーフチャンスくらいしか作れなかった。引き分けはフェアな結果だと思う」

 

 

 

 

――前半は久しぶりにマリノスのサッカーを見せられたと思う。次のACLにどのような影響を及ぼすと考える?

「この5~7試合くらいは、場面で支配していた印象がある。ただ、理由がないところで相手にやらせてしまうところが目立っていた。支配し続けるのは大変なことで、90分の中で相手がボールを持つ時間やチャンスを作る場面はあるが、そういった時に慌てずにやることが大事になる。90分を通してのマネジメントが必要になる。ACL決勝はファン・サポーターにとって、クラブに関わる人にとって重要な大会になる。ビビってやることはないし、とにかくやるだけ。ここまで来た以上、しっかりと向き合って、どうすれば獲れるのか。この大会で優勝するのは、タダではもらえない。犠牲にすることは犠牲にして、自分たちから奪っていくことが大事。自分はこれまでこういった大きな舞台でビビったことはない。とにかく楽しんで、いろいろな人の想いを乗せて戦っていきたい」

 

――新潟戦のあと選手に伝えたことが今日の試合で出た部分は?

「振り返りをしてきた中で、良いところとできなかったところを把握している。今日見たことがすべてだと思う。自分含めて理解できないのは、前半あれだけできて後半できなくなること。その、なぜ?を探して改善しなければいけない。今日の38分頃まではゲームを支配して相手陣内にいたと思う。そこで自分たちが相手にやらせてしまったところがあったし、つまらないミスからカウンターを食らって、しっかり人につけない場面もあって、チャンスを与えてしまった。良いサッカーをしていた中で急にできなくなる。疲れがあるのも理解しているが、その中でもしっかりやっていくことが大事。ここですごく大事なのはメンタルを強く持つこと。事故が起きればやり方を変えざるをえないこともある。ACLだけを考えてやるのは違うと思う。どの試合も大事で、特にこのリーグ戦を落とすことは絶対にしてはいけない。どの試合も1試合と考えている」

 

 

 

 

DF 27 松原 健

「点を取ったあとのところや後半の入り方がもったいないという感じ。後半が始まる前に、相手は1点ビハインドでギアを変えてくるから、ウチはそれを受けるのではなく、それを超えるくらいやっていこうという話をしていたけど、それでもうまくやられてしまった。サイドバックが点を取るという本当は自分たちがやりたい形でやられてしまった。対面の選手はドリブルに特徴があるので、一発でやられないことを意識した。ただ失点のところはクロスを上げさせてしまったので、クロスを上げさせないことにもっと重点を置くべきだった。自分たちがもっと攻撃できるシーンを増やさないといけなかった。

 

 

 

 

(センターバックにアクシデントがあった影響は?)そこは特に気にすることはなくて、喜田も経験のある選手で初めてセンターバックをやるわけでもない。逆にラインの統率のところはピリッとする部分も見て取れたと思う。それをもっと攻撃の起点にできるように、チームとしてセカンドボールへの意識や球際のところを高めないといけない」

 

FW 7 エウベル

「本当に悔しい。我々のチームは同じレベルで前半と後半を戦うことが大事になってくる。同じクオリティで1試合通してやることが大事になる。前半はいい流れで試合運びをして、先制点を取ることもできた。でも後半はスイッチが切れたような感じで隙を見せてしまって、相手はしっかり得点を決めて、またリーグに勝てなかった。そろそろリーグでも勝たないとまずいなと感じている。何が原因か分からないけど、もしかしたら大事なACL決勝があるからそれを考えてしまうというのがあるかもしれないが、そうであればあってはいけないこと。ただ、次が決勝なのでしっかりと集中して、それが終わればJリーグに成長して、1試合通して同じレベルでやることを徹底していきたい。

 

 

 

 

(アシストについて)いい連係を取れたゴールだったと思う。ヤンからロペスやナベ(渡辺皓太)が加わってボールが回って、そこから僕にボールが来た。その時にナムがいい状態でいいポジションにいた。素晴らしいトラップから素晴らしいフィニッシュで綺麗なゴールを決めてくれた。

 

 

 

 

(左肘の状態は?)可動域は100%とは言えない。あとドクターが言っていたのは、骨がくっつくには1~2ヵ月かかると。

 

 

 

 

ヨコエク

(残り 2327文字/全文: 4636文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ