「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

上島拓巳の相棒は満を持してベテラン實藤友紀か。 カバーリング、ビルドアップ、そして得点嗅覚にも期待したい [J13節 新潟戦プレビュー]

 

選手交代後のパフォーマンスレベルを維持向上させたい

 

他チームよりも消化試合数が2試合少ないとはいえ、4勝4分3敗で13位という数字の並びはあまり良い眺めではない。ACL決勝1stレグから中3日でのアウェイゲームはやはりタフさを求められるが「優勝争いしていくために負けられない」(渡辺皓太)。

 

 

 

明日のアルビレックス新潟戦を終えると、再び中3日で今度はFC東京との一戦が控えている。先々を見据えてもアルアイン戦から先発を入れ替えないわけがない。注目はどこまで先発を入れ替えるか、だ。

中2日ではフィールドプレーヤー総入れ替えを敢行してきたが、中3日なら少しの余裕が生まれる。そしてチームとしては負けられない状況になりつつある。それらを踏まえると、キーポイントとなる選手は継続先発するかもしれない。

無理をさせられない選手は思い切ってメンバーから外すべきだろう。アルアイン選手で負傷交代したエドゥアルド、終盤はほとんど動けない状態ながら最前線でピッチに立ち続けた畠中槙之輔、さらには左肘が万全ではないエウベルなどなど。彼らは遠征にも帯同せずに治療とリカバリーで次へ備えたい。

 

 

 

 

背番号6はアルアイン戦に後半途中から出場していた。負傷明けでコンディション万全とはいえなくても、チームの中心となっていくべき選手だろう。先発してチーム全体が低調な出来に終始した浦和レッズ戦の雪辱にも燃えている。

植中朝日も元気いっぱい。ゴールという大好物を得たことでテンションも上がっていることだろう。結果を出して波に乗っている若手は急速な成長も見込めるのだから、積極的に起用すべき。そのあたりは選手心理をよく理解しているハリー・キューウェル監督も同調してくれるのではないか。

 

 

 

 

とはいえプレータイムの制限は必要不可欠なので、ここでも山根陸や榊原彗悟の働きは重要になってくる。選手交代後も全体のパフォーマンスレベルを維持向上させ、90分トータルで相手を上回りたい。

 

 

 

 

それぞれの立ち位置でマリノスに貢献する

 

エドゥアルドと畠中の負傷で欠くセンターバックに誰を置くか。緊急出場した渡邊泰基もアルアイン戦で45分以上プレーしていることを考えると、無理強いはしたくないところだろう。

 

 

 

出場停止明けとなる上島拓巳は当確。

 

 

ヨコエク

(残り 794文字/全文: 1861文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ