「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

塩貝健人は絶対にあきらめない。次の出場機会でゴールを奪うべく、可能な限りマリノスの練習に参加している [フォトレポート]

 

ACL決勝1stレグを2-1で制し、アジア王者に王手をかけた。

興奮冷めやらぬ中、チームは中3日でアルビレックス新潟戦へ。リーグ奪還を目指すために、ひとつも落とせない試合が続く。疲労やコンディションを踏まえたハリー・キューウェル監督のマネジメントにも注目が集まる。

フレッシュなメンバーが多く出場した浦和レッズ戦、そしてファン・サポーターが歓喜に沸いたアルアイン戦をフォトレポートで振り返る。

 

 

植中朝日の咆哮。「後悔したくなかった」という強い思いがゴールという形で結実した。22歳と若いため、連戦でもコンディションは問題ないだろう。

 

浦和戦で数多くのチャンスを作り出したのはスピードスターの井上健太だ。「迷いなくやれている」と話す通りの積極果敢な仕掛けに期待したい。

 

左足首の捻挫でアルアイン戦に出場できなかった天野純だが、すでに部分合流を果たしている。復帰まで1ヵ月程度かかる怪我を1週間に縮める驚異の回復力だ。

 

アンカーポジションで途中出場した山村和也はどんな時でも落ち着いてボールを持てる。「そこは自分のストロングポイント」と自信を持つ高さも大きな魅力。

 

ヨコエク

(残り 720文字/全文: 1236文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ