「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

浦和戦で負傷した天野純が超回復で部分合流へ。 「24時間怪我のことだけを考えて過ごしていた」 [練習レポート]

 

天野純が超回復で練習グラウンドに戻ってきた。

 

 

 

 

雨風吹きすさぶ中で行われた今日のトレーニングに背番号20の姿があった。ちょうど1週間前の浦和レッズ戦で左足首を負傷。「やった時は足首が折れたんじゃないかと思った」と明かすほどの衝撃で、自力で歩けず担架でピッチを去る。症状としては捻挫だったが、所見では1ヵ月近くかかるのではないかという負傷に肩を落とした。

 

 

 

 

それでもACL決勝という大事なゲームが控えている中で、普通にリハビリしているわけにはいかない。「怪我をした直後から、ACL決勝に出るために24時間怪我のことだけを考えて過ごしていた」という結果が、ちょうど1週間での部分合流である。患部の痛みが完全に消えたわけではないが、ゲーム形式などの対人練習にも加われる状態まで回復している。

 

 

 

 

ヨコエク

(残り 817文字/全文: 1233文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ