「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

神戸戦をあえてスキップしたのは永戸勝也と畠中槙之輔。 万全の状態で明日の一戦に備えている [J3節G大阪戦プレビュー]

 

キューウェル監督のマネジメントは

 

シーズン序盤、連戦でもメンバーをある程度固定して戦ってきたハリー・キューウェル監督が、前節のヴィッセル神戸戦では川崎フロンターレ戦からフィールドプレーヤーのちょうど半分となる5人を入れ替えた。そこから明日の試合まで中2日、さらに中2日で湘南ベルマーレ戦、そして中3日でACL準決勝の1stレグ(アウェイ)と試合が続いていく。

 

 

最近は交代カードを切るタイミングも早く、指揮官が選手個々のプレータイムを計算しているのは明らか。「自分は目の前のことにしか集中できない。先のことを考え過ぎてしまうと問題が起きることも多い。次の一戦に向けて、勝てるチームで臨んでいきたい」とは建前で、今と先を同時に見据えながらチームマネジメントしている。

明日のガンバ大阪戦はACL勝ち上がりによる順延試合で、結果が出ているがゆえに日程がハードになるというジレンマを抱える。この状況について男前に言い切ったのは、神戸戦で復帰して見事なゴールを決めたヤン・マテウスだ。

「過密日程になっているのは、僕たちが結果を出しているからだと思う。ACLで結果を出しているから過密になってきているわけで、良いことなんだとポジティブに考えている」

 

 

 

 

コンディション面に反動がなければ今節での先発復帰が視野に入る選手のひとりだろう。

同じく復帰を果たした小池龍太はやや状況が異なる。ヤンのように数試合だけ離れていたわけではなく、1年ぶりにようやく帰還した形。トップフォームを取り戻すのはもう少し先になるだろう。少しずつ試合勘と強度を取り戻していく段階で、徐々にプレータイムを延ばしていくのが現実的である。

 

 

 

 

フロンターレ戦で負傷して神戸戦欠場のエウベルと渡辺皓太はいずれも重い怪我ではない。ただし今後の戦いを見据えると無理はさせられない。あえての“温存”といった考え方で良さそうだ。

 

 

 

 

 

スムーズなビルドアップから迫力ある攻撃へ

 

替えが利かない選手がいるとすれば、センターラインの面々だろう。

 

 

ヨコエク

(残り 765文字/全文: 1713文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ