■ サーバーメンテナンスのお知らせ(7/24(水)9時~15時) ■

「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「狙い続けているところにボールがこぼれてきてくれて、思い切り振り抜いた。(フル出場したので完全復活?)点も取ったし、それでいいんじゃないですか(笑)」(永戸)他 [名古屋戦後コメント]

 

[コメント]

ハリー キューウェル 監督

「全体的に見れば素晴らしい内容のゲームができたと思う。やろうとしていたことをピッチ上で見せることができた。名古屋がどうやってくるかという分析を把握して、それを止めることもできていた。カウンターやロングボールが多いと言われていたので、それをさせずにボールを奪ってチャンスもたくさん作った。同点弾が入るまでの1-0のリードは見ていれば、おのずとそうなると分かっていた。

 

 

自分たちはプロの仕事をしに来ている。自分たちがコントロールできる部分はしっかりとやっていきたいが、100%はコントロールできない。天気や他人のミスはコントロールできない。交代のところで、なぜ自分たちは交代できなかったのか、向こう(審判団)は答えていないので分からない。

名古屋さんの交代選手が入り、自分たちは1枚目のカードを切ろうとして、そこで渡辺皓太が倒れていたので2枚同時に交代しようとしたが、それができないと。こちらは準備できていたが、なぜできなかったのか分からない。判定はどうしても覆すことはできないので、こういった結果になってしまって残念な気持ちでいっぱい」

 

 

――ここまでフル稼働していたエドゥアルドとそのバックアップの渡邊泰基をメンバーから外した、あるいは外さざるをえなかった理由は?

「ふたりとも今日まですごくできていた部分が多かった中で、軽い怪我だったので無理をさせずという感じだった」

 

 

DF 2 永戸 勝也

「(得点シーンについて)だいぶ押し込めているシーンで、前半からああいうところでセカンドボールを拾えていた。最初はエウベルからのパスを受けようと思ったけど、狙い続けているところにボールがこぼれてきてくれて、思い切り振り抜いた。とにかく浮かさないように下に蹴ろうと。1年に1回くらいこういう試合もあるので切り替えて、すぐに試合があるのは逆にチャンスだと思う。

 

 

 

ヨコエク

(残り 2298文字/全文: 3139文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ