「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

結果論ではない次元で考えたい。 インサイドハーフを務める25歳の渡辺がもうひと皮むけるために。

 

1点リードで迎えた28分、マリノスが追加点の大チャンスを迎える。

相手のバックパスをかっさらった渡辺皓太がフリーのままゴールに突き進む。まるで味方選手からのスルーパスに抜け出したようなシチュエーションで、あとはGKとの1対1を決めるだけという決定機が訪れた。

 

 

角度を考えると、そのままシュートを打つタイミングがあった。技術を踏まえれば、ドリブルで抜く方法もあっただろう。あるいは、並走していたアンデルソン・ロペスにパスを出して譲る選択肢もあった。

「悩んだけど」

 そう話す渡辺の選択は、ロペスへのお膳立てだった。しかし、パスのタイミングが合わなかったためにシュートすら打てずに攻撃が終わる。チームとして追加点を挙げる絶好機は水泡に帰した。

 

 

試合後、このシーンの回顧を求められた背番号6はあからさまに悔しさを表情に滲ませた。

「あれは完全に自分の判断ミス。決めて当たり前のシーンだった。あそこは自分の力不足だと思う」

 

 

自分で決めるつもりならシュートかドリブルだろう。チームメイトに託すとすればパス。本人の言葉をそのまま受け止めるなら『自分が決めなければいけない場面だった』。

 

ヨコエク

(残り 796文字/全文: 1323文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

tags: 渡辺皓太

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ