「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

下平1.5「マークミスがすべて」・飯倉1.5「自責点と言われても仕方ない」・モンバエルツ2.5「ゴール前にいる選手が決めるかどうかだった」 [柏戦採点&短評]

【採点&短評】
※5が最高で1が最低。採点は0.5刻み。

 

GK 21 飯倉 大樹「1.5」

試合後のコメントどおり、自責点と言われても仕方ないキャッチミスだった。もう少しコースが難しければ弾くという選択肢もあっただろうが、あのコースならキャッチを完遂しなければならなかった。

DF 13 小林 祐三「3」

序盤から果敢なアタックを見せて攻撃に厚みを加えた。藤本とのコンビネーションに進捗が見られ、エンドライン際までえぐるようなプレーを何度も見せた。終盤の退場はこの試合に影響なし。ただ次節出場停止は痛い。

DF 22 中澤 佑二「2.5」

前半はビルドアップの場面で何度か簡単なパスミスがあったが、その後は球離れ良くプレーした。セットプレーの場面ではファビオがターゲットになることが多く、なかなかボールが飛んでこないもどかしさも。

DF 5 ファビオ「2.5」

身体能力の高さとリーチの長さを生かした守備は存分に発揮した。一か八かのスライディングタックルも彼にとっては有効な武器である。左足を使ったビルドアップも悪くないが、目線を変える縦パスはなかった。

DF 23 下平 匠「1.5」

流れの中での攻撃参加はスムーズで、中村からのミドルパスを何度も引き出した。ただ、この試合ではセットプレー時のマークミスがすべてだろう。キム・チャンスに体を寄せ切れずにシュートを許したのは痛恨。

MF 14 熊谷 アンドリュー「2」

前半45分間のみの出場だったが、出来は悪くなかった。近距離ながら小さなモーションから繰り出す縦パスを見せ、奪いどころが定まらない守備も無難にこなした。しかし後半もピッチに残す理由はなかった。

MF 10 中村 俊輔「3」

中盤の底で抜群の存在感を見せた。左右に散らすミドルパスは正確無比で、不用意なボールロストはほとんどなかった。相手が引いていたため守備の脆さが顔をのぞかせる場面もなく、オフェンス陣を巧みに操った。

 

下バナー

 

MF 25 藤本 淳吾「3」

相手のギャップを突くポジションへ動き出し、何度もパスを引き出した。決定的な仕事こそできなかったが攻撃をリードしたことに変わりはない。引き続き右MFの位置で起用し、次こそは結果を残してもらいたい。

MF 6 三門 雄大「2.5」

守備のタスクも担うトップ下だが、前線からの守備は機能せず。ボランチに下がった後半は意欲的な攻め上がりを見せ、齋藤への決定的なパスもあった。チームとしての指針が曖昧な部分もあり、その中でやや消化不良の内容。

MF 11 齋藤 学「2」

前半はキム・チャンスの前にブレーキ。それでも何度か惜しいカットインを見せたが、いかんせんフィニッシュ場面で冷静さを欠いてしまう。動きは悪くないが、最後が決まらない。評価の分かれるプレーだった。

FW 16 伊藤 翔「2」

山形戦と比較すると縦パスが収まらず、クロスに対して呼び込むアクションも少なかった。あれだけ押し込んでいる展開ならばひと仕事ほしかったのが本音で、決定機に絡めなかったことは個人的な課題だろう。

FW 39 アデミウソン「2.5」

後半から登場して左足首を負傷しているとは思えないプレーを見せた。日本人では考えられないボディバランスで局面を打開し、齋藤とのコンビで相手ゴールに迫る。しかしながら、この試合ではゴールが必要だった。

MF 7 兵藤 慎剛「2.5」

交代出場直後に右足で惜しいシュートを放つも、相手DFにブロックされてしまった。中村の出場時間によって出番がやってくる時間が決まるため、モチベーションを保つのが難しい状況かもしれない。

FW 17 端戸 仁「-」

前節に引き続きサイドMFで起用された。スピードを生かしたプレーを求められているが、ボールフィーリングを大事にする選手のため途中出場は本質的に向いていない。その中でも結果を残さなければいけない立場ではあるが…。

監督 エリク・モンバエルツ「2.5」

柏がロングボールを多用し、さらにあれだけ引くことは想定していなかっただろう。それでも押し込むことはできていたのだから、あとはゴール前にいる選手が決めるかどうかだった。試合後の辛辣とも思える発言はともかくとして、やるべきことはやった。

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ