「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

齋藤3.5 「『ゴール決めます』という言葉を見事に実践」・伊藤「ゴールシーンは伊藤の巧みなドリブルから生まれた」 [山形戦 採点&短評]

【採点&短評】
※5が最高で1が最低。採点は0.5刻み。

 

GK 21 飯倉 大樹「2.5」

またしてもセットプレーから失点してしまった。あのシュートを止められるか否か、だったが、厳しいシュートだったか。

DF 13 小林 祐三「3」

前半は前方のアデミウソンを操作しながらうまく守った。果敢な突破からファウルを受けてFKのチャンスを得る場面も。

DF 22 中澤 佑二「3」

ゴール前での守備能力は相変わらずの高さ。ただ失点場面だけは宮阪への寄せが一瞬遅れてシュートを許してしまった。

DF 5 ファビオ「2.5」

らしいボール奪取はあるが、ビルドアップ時のパスミスが何度かあった。今後は攻守ともにさらに高い精度を求めたい。

DF 23 下平 匠「3」

全体的に出来は悪くなかった。攻撃の起点になるような鋭いフィードもあり、守備でも相手のスピードにしっかり対応。

MF 28 喜田 拓也「2.5」

中村とコンビをくむという大役だった。中盤の底を務める場面が多かったが、ボール奪取という特徴は見えにくくなった。

 

下バナー

 

MF 10 中村 俊輔「3」

及第点の出来。戦前に語っていたようにドリブルキープよりも少ないタッチ数でのパスが増えた。キック精度は向上の余地あり。

MF 39 アデミウソン「3」

想像以上に守備を頑張っていた。オフェンスでもポジションにこだわらず能力の高さを発揮したが、後半は体力的な問題で消えた。

MF 6 三門 雄大「3」

中盤と最前線の中継地点として機能。ゴールシーンに象徴されるようにフィニッシュにたくさん絡み、攻撃をスムーズに流した。

MF 11 齋藤 学「3.5」

「ゴール決めます」という言葉を見事に実践した。ただ、その後はボールロストが多く、終盤もひと仕事できずに終わった。

FW 16 伊藤 翔「3.5」

キレのある動きで攻撃をけん引。齋藤のゴールシーンは伊藤の巧みなドリブルから生まれ、この日なかったのはゴールのみ。

MF 7 兵藤 慎剛「3」

最大の見せ場は出場直後の直接FK。ニアではなくファーを狙ったシュートはポストを叩き、ヒーローになるチャンスを逃した。

FW 17 端戸 仁「-」

センターではなくサイドで起用されたが効果的なボールが入らないため持ち味発揮ならず。今後の起用法に注目したい。

監督 エリク・モンバエルツ「2」

適正ではない配置の是非はともかくとして、相手の力量を考えると勝ち点3が必須だった。2ndステージも好スタートならず。

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ