「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

吉尾海夏はどこまでもマリノス愛を貫く。 トリコロールのタイトル奪還に欠かせない戦力だ。

 

「ポジションはマジで分からない」

 吉尾海夏は始動日から苦笑いを浮かべた。

 

 

昨季はこだわりのトップ下で勝負するはずが、実際にはボランチや左サイドバックでの出場機会が大半を占めた。人手が足りなければ両ウイングはもちろんのこと、センターバックとしてもプレーした。

シーズン終盤は左サイドバックの主力として継続出場。持ち前の攻撃性能を発揮するかと思いきや、不慣れなはずの守備での奮闘が目立った。体を投げ出し、球際の攻防で戦う。公式戦のピッチに立ち続けた経験は、必ずや今季に生きてくる。

 

 

「今年も何個のポジションをやるか分からないけど、どこで出てもマリノスのためにすべてを捧げて頑張りたい」

 目的は明確。マリノスのために、だ。

 

 

昨年末には挙式を執り行い、その日の夜から新婚旅行へ。チェコ共和国に初めて足を踏み入れた。

 

ヨコエク

(残り 589文字/全文: 984文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

tags: 吉尾

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ