「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

三門3 「攻守のスイッチャーとして躍動」・アデミウソン3 「1点取ったあとに気を緩めてしまう悪癖」・齋藤2「失点前のクロスの是非」 [ガンバ戦採点&短評]

【採点&短評】
※5が最高で1が最低。採点は0.5刻み。

 

GK 21 飯倉 大樹「3」

集中した守りを見せが危険なシュートが少なかったのも事実。ラストワンプレーは少し前へ出てしまったが、それも大勢には影響なかった。小林同様に自責点とは言い難い。

DF 13 小林 祐三「3」

宇佐美が左MFにスライドしてからもしっかり監視。最後の最後にボールに触れたが、あの責任を問うことはできないだろう。100%のうちの1%あるかどうかだ。

DF 22 中澤 佑二「3」

失点場面を除いてパトリックを完璧に封じ込めた。あらためてリーグ屈指のCBであることを示した。あとは失点場面の評価をどうすべきかだけ。

DF 5 ファビオ「3」

中澤とともに相手FWより一歩先を行くディフェンスを見せた。押し込まれてもあまり不安にならないのは彼の存在によるところが大きく、及第点以上の出来。

DF 23 下平 匠「3」

簡単に裏を取られる場面はなく、後半アディショナルタイムに厳しい判定でファウルを犯した以外は粘り強く守った。序盤は攻撃でも精度の高い球出しを披露。

MF 28 喜田 拓也「3」

ここぞという場面でのボール奪取能力はガンバ相手にも通用した。欲を言うならばアタッキングサードでの精度を高めたいが、現時点でも素晴らしく成長している。

MF 7 兵藤 慎剛「2」

中盤の底で確実性の高いプレーを披露。後半にはらしくない(失礼!)美しいターンから局面を打開し、チャンスを生み出す。しかし最後のファウルはいらなかった。

MF 25 藤本 淳吾「3」

ボールフィーリングは悪くなかった。齋藤に出した2本の浮き球パスは彼にしかできない類で、受け手の質次第でヒーローになっていた可能性も。

MF 6 三門 雄大「3」

攻守のスイッチャーとして躍動。状況を見極めた上でのプレーは周囲を助け続け、実に効果的だった。狭いエリアでの技術も確実に増している。

MF 11 齋藤 学「2」

肝心な場面でのミスが先行。動きは悪くないが、それで評価される立場の選手ではない。そして失点前のクロスの是非。こちらについては本稿にて。

 

 

下バナー

 

FW 39 アデミウソン「3」

1点取ったあとに気を緩めてしまう悪癖はこの試合でも変わらず。特に前半は2点目を狙うチャンスに恵まれており、あそこで勝負を決めておくべきだった。

MF 27 富澤 清太郎「-」

ボランチに入り、兵藤を一列前に押し上げた。時間帯と相手の高さ対策を考えると、引いてはね返すことに注力するのは悪くない選択だった。

FW 16 伊藤 翔「-」

たらればではあるが、齋藤のクロスに触ることができていれば失点は避けられたかも。あそこでの一歩の違いが明暗を分けることに。

監督 エリク・モンバエルツ「2.5」

選手交代の遅さを指摘する声もあるが、どうにも動きにくい展開だったことも事実。富澤を投入した時間帯と意図はベター。ただし同時にラフィーニャを入れてカウンターでのボールキープ力を上げる一手もあった。

 

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ