「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

ハリー・キューウェル監督誕生。 重要なのはフロントのコントロール力と、クラブとしての断固たる決意だ

 

2023年の大みそかにハリー・キューウェル監督が誕生した。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Harry Kewell(@harrykewell10)がシェアした投稿

 

ようやく決着した監督人事は、ケヴィン・マスカット監督の退任に端を発している。マリノスが能動的に監督交代を模索していたわけではない。10月終わりに提示した契約更新のオファーを固辞されてたがゆえに後任探しに追われた。

 

 

12月に入り、新監督候補の最上位としてキューウェル氏をリストアップ。時間がかかったようにも見えるが、セルティックがシーズン真っ只中という事情を考えれば交渉は順調に進んだと言っていい。細部の調整や各方面への承認作業を経て、無事に今日の発表に至った。

キューウェルについて記述する前に、あらためて前任の功績について触れる必要があるだろう。そこには新任にバトンを託す意味やヒントが隠されている。

 

 

 

(残り 1269文字/全文: 1703文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

tags: ハリー・キューウェル

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ