「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

三門4:「ボランチとして覚醒しつつある」 / 小林2.5:「右サイドは明らかに危険な状態だった」 / 伊藤4:「巧みなバックステップ」 [浦和戦採点&短評]

【採点&短評】
※5が最高で1が最低。採点は0.5刻み。

 

GK 1 榎本 哲也「2.5」

1失点目はポストに当たってからのボールの方向があまりにも不運。2失点目はできればCKへ逃げるように弾きたかったが、シューターがフリーの状況ではそれを求めるのも酷か。

DF 13 小林 祐三「2.5」

序盤は冷や汗とともに時間を過ごした。彼自身の問題ではなく周囲との兼ね合いで、マリノスの右サイドは明らかに危険な状態だった。クロスを上げる選手に寄せきれなかった遠因でもある。

DF 4 栗原 勇蔵「3」

ゴール前で集中を切らさず対応したが、失点場面だけはあと一歩が出なかった。特に2失点目は後方の選手たちも彼に任せていた部分が大きい。終盤の交代に関してはプライドの面で心配。

DF 22 中澤 佑二「3.5」

序盤はズラタンのフィジカルコンタクトの強さに少し手を焼いた印象だが、徐々に慣れていった。その結晶が先制点の場面だろう。果敢なチャレンジでボールを奪い、カウンターの起点になった。

DF 23 下平 匠「2」

試合を通してほとんど見せ場を作れず。遅攻になった際のビルドアップこそが仕事なのに、効果的な球出しは皆無だった。後半は対面する関根のドリブル突破にきりきり舞い。後手に回った。

MF 5 ファビオ「2」

身体能力を生かしたボール奪取はこの試合でも際立っていた。しかし2失点目の原因である安易なボールロストはいただけない。得点がほしい終盤はミスの多さからベンチに退いたのだろう。

MF 6 三門 雄大「4」

ボランチとして覚醒しつつある。先制点は前へボールを運びながら左足で精度の高い縦パスを供給した形から。プレスバックに二度追いなどでなんどもボールを奪い、攻守の軸になりつつある。

MF 28 喜田 拓也「3」

前半は何度か良い形でボールを受けてチャンスを作り出した。しかし相手が引いてゲームコントロールした後半はほとんどボールを受けられず。相手ゴール前での迫力という課題は依然として残る。

 

下バナー

 

 

MF 11 齋藤 学「2.5」

良かったのは序盤だけ。途中からは何もできずに終わった。相手ゴールが遠いのは情状酌量の余地もあるが、それでもチームが苦しいときにひと仕事してほしい選手だ。このままではいけない。

FW 39 アデミウソン「2」

守備面についてとやかく言うつもりはない。それについては起用責任の部分が大きい。それよりも右サイドに置いたことで得られるメリットもたしかにあり、決定機2回は決めなければいけなかった。

FW 16 伊藤 翔「4」

最初の決定機は相手GKの好セーブに阻まれたが、二度目はしっかり決めた。秀逸だったのはボールを受ける前の動き出しで、巧みなバックステップで那須のマークを外し、自分自身でスペースを作り出した。

MF 27 富澤 清太郎「2.5」

不安定なファビオに代わってボランチに入ったが戦況はあまり変わらず。栗原交代とともにCBに下がってプレーした。難しい立ち回りを求められているいまこそ、真価が問われる。

MF 7 兵藤 慎剛「2.5」

当初はトップ下に入ったが、矢島投入とともにボランチに下がり、持ち味がまったく生きない展開になった。やはりスタメンで出場してこその選手で、途中出場で大仕事を求めるべきではない。

FW 9 矢島 卓「-」

最後の最後に切り札として最前線へ。キレイに競り勝つことはなくても、屈強なフィジカルを生かしてスクランブル状態を作り出すことはできる。しかしこの試合では結果が出なかった。

監督 エリク・モンバエルツ「2.5」

ギャンブルは一時的に成功した。しかしビハインドになった瞬間に攻め手は残されていなかった。リスクを抑えつつ相手ゴールを狙う采配は妙味もあったが、肝心要のゴールは奪えず。

 

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ