「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「チームのためになれるのであれば、マリノスのユニフォームを着て戦う以上は自分がどうなってもそこに立つ意味を示さないといけない」(喜田拓也) 他 [町田戦前コメント]

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

「天皇杯には歴史が多くあることを理解している。自分たちはどの試合も大事にしているし、リーグ戦だろうがカップ戦だろうが、勝つためにやる。その中で誰を起用するのか。天皇杯だから誰を使う、ではなく勝つために選手を選ぶ。Jリーグと違うメンバーで臨むということではなく、勝つために誰を選ぶか。水曜日はいつもと違うメンバーかもしれないが、それは控えメンバーで臨むということではなく、勝つためのメンバー。なかなか出場できないメンバーが出た時に大事なのは、彼らが『土曜日にオレを選べ』というパフォーマンスを見せるチャンスということ。町田はすごくいいチームで、スタートのところで前からのプレッシャーをかけてくる。そしてJ2だからとか、どのチームに対しても油断したら終わり。戦う難しさ、勝つ難しさがある」

 

 

 

MF 8 喜田 拓也

「全体練習に合流したのは名古屋戦の日から参加している。それまでもベタ休みというよりは動ける範囲で動いていた。できる最大限のことをやらないといけないし、コンディショニングとチームのためにできることをやっていきたい。

 

 

(水曜日の試合に向けては?)練習をやっている以上、全員がその準備はできている。チームのためになれるのであれば、マリノスのユニフォームを着て戦う以上は自分がどうなってもそこに立つ意味を示さないといけないし、その準備は常にできている。

 

ヨコエク

(残り 815文字/全文: 1444文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ