「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

出番の訪れなかった試合後にスプリントを繰り返す姿に胸が熱くなる。 背番号41に咆哮の瞬間は訪れるか [天皇杯 FC町田ゼルビア戦プレビュー]

 

杉本健勇に期待したい

 

明日の天皇杯3回戦に向けて、ケヴィン・マスカット監督が熱っぽく語った。

「リーグ戦だろうがカップ戦だろうが、勝つためにやる。天皇杯だから誰を使う、ではなく勝つために選手を選ぶ。Jリーグと違うメンバーで臨むということではなく、勝つために誰を選ぶか」

 

 

明日は明日のベストメンバーがある。結果としてリーグ戦からガラッと顔ぶれを変えるかもしれない。実際に「水曜日はいつもと違うメンバーかもしれないが」と前置きした上で「控えメンバーで臨むということではなく、勝つためのメンバー。なかなか出場できないメンバーが出た時に大事なのは、彼らが『土曜日にオレを選べ』というパフォーマンスを見せるチャンスということ」と期待した。

最近では上島拓巳や、あるいは植中朝日もチャンスで結果を残し、リーグ戦の出場機会を掴んでいった。今となっては欠かせないウイングになっているヤン・マテウスもそうだ。ピッチに立つ選手にとって、試合のコンペティションはあまり関係ない。

 

 

ならば杉本健勇に期待したい。

 

 

ヨコエク

(残り 1171文字/全文: 1657文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ