「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「今日は相手どうこうよりも自分の価値を示そうと思ってピッチに入った。 それをアシストという形で結果に残せて、ギリ良かった(笑)」 (吉尾海夏)他 [天皇杯 浦安戦後コメント]

 

[コメント]

ケヴィン マスカット 監督

「次に進むことができて良かった。たくさんの選手を見ることもできて、すごくいいパフォーマンスを、個としてもチームとしても見ることができた。決して簡単な試合ではなく難しい部分もあったが、選手がいい姿勢で臨んでくれて、次のラウンドに進めて良かった」

 

――この試合でプッシュしていたように監督から見えた選手は? いい印象が残っている選手がいれば教えてほしい。

「今日のボランチのふたりは、日々のハードワークのところなど練習でやっていることを出してくれた。後半はメンバーチェンジやポジション変更がある中で、宮市も短い時間だけど見ることができて良かった。選手たちはOKのパフォーマンスを見せてくれた」

 

 

 

――後半の最初15~20分くらいは相手の時間帯もあった。簡単ではない試合になった理由は?

「彼らの戦う姿勢や、失点しても崩れることなくもう一度立ち上がる姿勢を見せてきた。リスクを負って前からプレスをかけてくることも多かった。相手はボールをつなぐというよりも自分たちの後ろのスペースを使うためにロングボールが多かったが、どこからプレッシャーがかかっているかのゲーム状況をどう読むかが大事かなと感じた。ゲームの中で選手がどう判断していくかが次のステップとして大事になる」

 

 

 

GK 50 オビ パウエル オビンナ

「先に点を取られたら難しい展開になると思っていたし、その展開で去年も天皇杯で負けている。リーグ戦とは違う難しさがある中で、チーム全員がやるべきことをやろうとして結果を出せたことは良かった。

 

(終盤のファインセーブについて)点差どうこうではなく、勝つことも前提として、自分としては無失点で終わりたかった。この前の札幌戦は3失点してしまったので、今日はゼロにこだわっていた。

 

 

(成長を実感している?)求められることをやらないと試合に出るのは難しい。今まで自分が見ることのできなかったところを見てボールを出すところだったり、それを試合で出せているのは自信になる。今日も試合の中でチャレンジしてできていることがあって、それを積み重ねている実感はある」

 

MF 35 榊原 彗悟

「いいところもあったけど、もっと違いを見せたかった。守備の強度がまだ低いと感じた。でも試合を重ねるごとに自分の良さを出せている部分もある。去年まで自分は今日の相手と同じカテゴリーでプレーしていたけど、今の自分はJ1でプレーしている。そういった意味でもっと違いを出したかった。ただ、天皇杯は自分も下のカテゴリーにいてわかるけど、上のチームを食ってやろうという気持ちで臨んでくるので難しい。その試合をしっかり勝ち切れたことは良かった」

 

 

FW 25 吉尾 海夏

「自分の立ち位置をしっかり理解して、今日は相手どうこうよりも自分の価値を示そうと思ってピッチに入った。それをアシストという形で結果に残せて、ギリ良かった(笑)。

 

 

コンディション的にも体のキレ的にもいい状態でやれていたし、いいフィーリングで試合に入れた。アシストはイメージ通りだし、狙い通り。いいフィーリングで蹴れた。でもゴールがほしかった。あとはオフサイドになったけど、(村上)悠緋に出して(植中)朝日が決めたようなシーンをもっと多く作ることが求められているプレーだと思う。

 

 

それをもっと出せれば試合出場のチャンスが増えていく。そこはもっとやっていかないといけない」

 

 

MF 28 山根 陸

「前半、何度か縦パスがズレてしまった場面があったので、そこは修正しないといけない。ビルドアップでしっかり打開できている場面は、自分がもう少し相手陣内でボールを受けてチャンスを作りたかった。去年の天皇杯は自分たちの時間帯がある中で負けてしまった。今日もピンチはあったけど、まず勝てたことが良かった。ただ、2点取れたけど課題はチームとしても個人としてもある。90分やれたことが次につながるので、次は90分通して強度の高いプレーを続けていきたい」

 

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ