「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

「このタイミングでチームに入るというのはラッキーだし、『もっている』としか言いようがない。超幸せといっても過言ではない。この時間を大切に過ごしたいなと思う」[川崎戦前 飯倉大樹 コメント]

[一問一答]

GK 21 飯倉 大樹

――復帰に際してオファーを受けた時の心境は?

「このタイミングでチームに入るというのはラッキーだし、『もっている』としか言いようがない。チームを探していた中で、このチームに帰る以外の選択肢がなかったとは言い切れないけど、自分の中ではマリノスでもう一回やれたらいいなと心のどこかで思っていた。運良く帰ってこられて本当に幸せに感じながら今みんなと練習しているし、超幸せといっても過言ではない」

 

 

――マリノスからのオファーを待っていた?

「こうして加入したから言えるけど、このチーム以外は本当に考えていなかったくらいの勢いで、それ以外だったら引退しようと思っていた。実際に2月に入ってからは引退しようと思っていた。待っていたし、運良くオファーを出してくれて、『もっている』としか言いようがないくらい、言葉では説明できないくらいラッキーだった。この時間を大切に過ごしたいなと思う」

 

――神戸での活動を終えて、オフ期間中の過ごし方は?

「何もしていない(笑)。ジムに行って筋トレして、健康を維持するみたいな。どこかのグラウンドを借りて一緒に練習する人もいなかったし、2月までは最低限の準備をしておこうと思った。僕は4ヵ月ぶりにGKグローブをしている(笑)。体がすごく良い時に比べれば全然」

 

 

――どのような形でチームに貢献していく?

 

ヨコエク

(残り 1097文字/全文: 1701文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック

会員の方は、ログインしてください。

tags: 飯倉大樹

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ