「ザ・ヨコハマ・エクスプレス」藤井雅彦責任編集:ヨコハマ・フットボール・マガジン

高丘陽平は通常メニューを消化。 ヴェルスパ大分との練習試合に出場しなかったのはコンディション不良が理由 [宮崎キャンプレポート8日目]

 

午前、午後ともに室内でジムやプールを使ったリカバリーメニューで調整した昨日を経て、今日は午前中から通常トレーニングを行った。強度よりもタクティクスを重視した内容で、フォーメーション練習やポジションごとの役割の確認に時間を割いた。

 

 

21日の練習試合で右サイドバックとしてプレーした村上悠緋は、この日も4バックの右に陣取った。本職のストライカーポジションで勝負したいという思いを胸に秘めつつも「試合に出ることが重要なので与えられたポジションで全力を尽くしたい」と前を向いた。

 

 

(残り 746文字/全文: 1010文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ